富士山で先日スラッシュと言う雪崩現象が起きた。
土砂の混じったなだれのことをスラッシュと呼ぶらしい。
なぜ?

スラッシュは本来は切る、分断するという意味がある英語。
断絶させる。転じて区切りなので、記号にすると/になる。ダブルスラッシュもあるがいずれにしてもカットする形をしている。
ちなみに綴りは slashで、日本語だと同じ発音の

thrush

 は「(野鳥の)つぐみ」でまったく別の言葉。

区切りの意味のスラッシュはなぜ雪崩などに使われるのか?

大量の水を含んだ雪が流動する現象流下しながら土砂を巻き込んだものは雪泥流とよばれる。大規模なスラッシュ雪崩は富士山で起こるものが有名雪代 (ゆきしろ) 。」
スラッシュ雪崩(スラッシュなだれ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

スラッシュのほかの意味を探ってみよう。
●最初の意味は音から来ている。擬音。He slashed the air with his sword.(彼は剣で空気切った。)
日本語ならフツの御霊の剣の音である「ㇷッ」に当たる擬音。

●「あるいは」「それと」 英語のorや andの意味
●切り込む
●分数の分母と分子をわける記号、つまり何分の何の「の」「横棒」の代わりをする記号
●削減する
スラッシュ雪崩●水分を多く含む雪、半解け雪、

「雪の降り始めは、軽くて粉っぽい手触りです。 しかし、しばらくして溶け始めると、SLUSH (半溶けの雪)またはSLUSHY(雪解けの)と呼ばれるものになります。 最後に、雪が溶け始めて気温が低いままになると、道は凍りつきます。 歩いたり運転したりすると、道路がSLIPPERY(滑り)やすくなります。」雪にまつわる英語表現 – アートリンガルスタッフブログ (artlingual.com)



02-01

0962
大沢崩れとそれができあがる行程
cbr.mlit.go.jp/fujisabo/fuji_info/mamechisiki/c01/index.html

総合的に考えた結果、水や土石流を含んでいなくても雪崩はそもそもスラッシュと言っているようだ。そしてさらには雪崩は山岳の切り立った断面=大沢崩れのような切り立ったスラッシュ地形で起こる現象だとなる。一方でブロック雪崩と言うものもあり、雪山の
雪庇・雪渓等の雪塊の崩落で,デブリの大 半が雪塊からなり,かっその雪塊が離散的に堆積 している雪崩をそう呼ぶ。簡単に言えば一か所にたまった雪がかたまって崩落する事象。スラッシュは切り立ったか所に積もった雪が半解け状態になって滑り落ちる現象、その状態の雪のこと。

ではなかろうかと推測する。なぜ英語圏でそう言うかはわからない。水分の重みで雪塊が斜めに切れて滑るからか?

この項目、再考要す。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング