にほんブログ村今日から邪馬台国研究史を見つめなおす記事を連続で数回書こうと思う。研究の昔、今そして未来を、考古遺跡をあげながら、では決められないその位置は、何を決め手探せばよいのかを探ってみよう。まずは邪馬台国研究の歴史から、分け入ってみよう。二つの九州 ...