カテゴリ:民族学・民俗学・地理・地質 > ケルト

ユール・ミトラ・サトゥリアヌスの関連性北欧の冬至祭の始まりはミトラ教(ゾロアスター)の太陽神ミトラ信仰を起源とする。冬の長い北欧では太陽は憧憬すべき最大の対象物となり、太陽=光=炎=生命力の根源=大地母であった。太陽神には山羊などの生贄をささげ、災害神 ...

ヘッダー画像は七人の小人小人にはつるはしとカンテラと決まっている。つまりやつらは鉱山師。●ケルト民族分布図●鹿トーテムのケルトと世界の共通性●馬トーテムのケルトと世界の共通性●ケルトの妖精一覧とKawakatu的解釈 <アイルランド特有(?)の妖精>バンシー ...

強風が吹く海岸の草原に屹立するメン・アン・トール遺跡メンアントールとはMen An Tol と表記するが、その意味は「背の高くない男たち」Men An Toll ではないかと思える。つまり「小人」である。●なぜ小型人類が生まれたのか?定説に沿ってつじつまをあわせて行く人類 ...

 「私はケルト人の信仰をいかにももっともだと思う、それによると、われわれが亡くした人々の魂は、何か下等物、獣とか植物とか無生物とかのなかに囚われていて、われわれがその木のそばを通りかかったり、そうした魂がとじこめられている物を手に入れたりする日、けっ ...

ケルト系民族だったガリア人は、水を聖なるものとして祭殿を建てている。フランス、オワーズ県のグルネイにあるその遺跡を復元したものがこれ。これを見て筆者がすぐに思い出したのは、日本の三重県松阪市にある宝塚古墳出土の建造物埴輪。あるいは同じ導水施設遺構では ...

フン族は一言で理解しようとするならば「中央アジア騎馬遊牧民連合体」である。345年以前の紀元前から、中央アジアのカスピ海沿岸の某所で、徐々に、東西から集散してできあがっていった国土を持たない、騎馬による移動生活をしてきた多くの民族が、3世紀の世界寒冷化に ...

 なにもことさらに似ていると言いたい訳ではないが、似ているんだから仕方がない。   イングランド北東部ヨークシャー州のブリトン人の塚は、大きく三種類ほどの地域に分けられる。それぞれが様式は違うが、中のひとつに上のような塚がある。 方形の溝で囲まれた中 ...

  服飾史で言うキルトを扱う。ここで言うキルト(Kilt)とは、裁縫用語のキルティングのキルト(Quilt)ではない。これのことである。  タータンチェックの男性用スカートがキルトである。 「もともとはタータンの大きな布を独特の方法で腰に巻き、紐やベルト、ピンで留 ...

 なお本日は三つの記事を書くつもりです。これが二つ目。    ケルト人の拡散図ヤン・ブレキリアン『ケルト神話の世界』1998より  これまでにいくつかのケルト論考が書かれた本を読んだ。 例えば上図の掲載されていたブレキリアン『ケルト神話の世界』1998S・ピゴ ...

 欧米人は自分達の祖先が輪になって鍋料理を食べていたことを完全に忘れている。  なぜ忘れたか?中世以降に成立してゆくフランス料理のディッシュスタイルを王道だと思い込んだからではないか?フランス料理はロシアスタイルとイタリアスタイルを取り込んだ、王家の ...

↑このページのトップヘ