カテゴリ: 異界研究

昨日、今日と、東京都のPCR検査による陽性者数の発表がどんどん早くなった。時間が早くなると言うことは、前日の数値を引き下げて、翌日に回すような操作を、これまでずっとやってきたからだろう。東京都民、特に新宿区の人々は、いずれ埼玉差別映画のような扱いを受けるよう ...

濃尾地震と言ってももう誰も覚えてないだろう。筆者だって本を読まなきゃ知らない出来事だ。「 明治24年(1891)10月28日午前6時37分、岐阜県美濃地方、愛知県尾張地方を突然猛烈な地震がおそった。最初は上下、水平方向への動きとともに、北、南へ揺れていたが、いきなり大 ...

にほんブログ村いささか主観的すぎる題名である。なぜわざとそういう書き方をしたかは、柳田国男の次の言辞があるからである。「つまりは「籠る」ということが祭りの本体だったのである。即ち本来は酒食を以て神を御もてなし申す間、一同が午前に侍座することがマツリであっ ...

防衛省がイージス・アショア設置計画を断念したと発表した。なぜなのか?1 新型コロナで災害費用を使い込んだ。予算がない。2 北朝鮮で金正恩がおそらく死亡。妹のヨジョンが代理になったが、彼女にはミサイル発射命令の資格がない。だからアショアは無駄になる。3 地 ...

にほんブログ村手話通訳が一貫性がないとか、クラスターやソーシャル・ディスタンスなどの新語が、翻訳しにくいなどと、聾唖者に不評だそうだ。そもそも、小池都知事が大好きな英語による専門用語が、手話では翻訳しにくい。もちろん小池だけでなくこれまでもビジネス用語や ...

三国志『魏書』東夷伝いわく、壱岐は田畑少なく食に苦労したので、南北に貿易して生計の助けとした。これすなわち海人のなりわいとなった。貿易は異文化を自由に取り込む。そこに一切のルールはない。風習、衣食住、宗教、技術・・・すべてが彼らの自由な選別によってここへ ...

 「麻生太郎財務相は4日の参院財政金融委員会で、日本の新型コロナウイルスによる死者が欧米諸国と比べ少ないことについて「おまえらだけ薬を持っているのかと(海外から)電話がかかってきた。国民の民度のレベルが違うと言うとみんな黙る」と述べた。」はて、あなたは「民 ...

ちょっと固い割込み記事だが、今読んでいる本が面白いので。縞状鉄鉱床 しまじょう・てつこうしょう     縞状鉄鉱床www.msoc.eng.yamaguchi-u.ac.jp/collection/element_14.php.php「酸化鉄とケイ酸塩鉱物が縞状に堆積した地層。 先カンブリア時代の藍藻による光合成が ...

酒場もキャバレーもクラブも、頭にそんな無粋なものをかぶってやらなきゃならぬ時代・・・。あまりに哀れ。さて、どう生きるのか?あともどりきないコロナの時代。名士も庶民も、もうそこにはいくまい。世のこぼれし民人に、果たしてもう、生きる道も閉ざされるのか?なにゆ ...

浦島太郎 うらしまたろう「浦島子伝説が原話とされ、古くは上代の文献(『日本書紀』『万葉集』『丹後国風土記逸文』)に記述が残る。それらは、名称や設定が異なり、報恩の要素も欠け、行き先は「龍宮」ではなく「蓬莱(とこよのくに)」なので、異郷淹留譚(仙境淹留譚) ...

↑このページのトップヘ