カテゴリ:NEWかわかつワールド > 九州の旅 蛇と鉄と海と太陽

  今年もあちこち巡りました。かわかつワールド!なんでも拾い上げ雑記帳でご閲覧ください。特に本日は国東半島を巡りました。写真は並石ダム修験者の造った造形と紅葉  国東は修験峯入り、行者入りの聖地であります。四国も海の向こうに見えました。   かわかつ ...

 別府温泉とセットでどうぞ!   ケベス寄り着た櫛(くしき)の海        中山仙境の夕焼け  夷谷は蝦夷地名であろう。        深耶馬溪の紅葉      修験道      脚を伸ばして久住山の紅葉もどうぞ。大船山御池。 国東の紅葉は11月中 ...

 ”西の熊野” 国東半島  もみじの季節が近づいた。紅葉狩りがてら九州の東の果てにつきだした国東半島で、製鉄と修験の痕跡を探すトレッキングに出かけてみたい。もちろん、このブログの中だけで空想するのもまたよろし。              ●中山仙境詳 ...

無料秘湯と古墳群の書き加えは筆者編集(元地図には載っていません)With2ブログランキングへ歴史とはまったく無関係ですが、もうひとつの趣味ブログの画質精度が低いため、ここに地図を貼り付けておきます。なお画像転用はご遠慮ください。地図は別府駅案内所でもらっ ...

首の長い鳥・舟・家・葉・・・が確認できた。わかりましょうか?押せば順位がひとつあがります  ↓   ↓With2ブログランキングへ↑  ↑  ↑blogramランキング参加中!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Kawakatu’s  ...

押せば順位がひとつあがります  ↓   ↓With2ブログランキングへ畿内氏族として記紀に登場する武内宿禰とその裔・葛城襲津彦や紀氏の関係に、実は山城(やましろ=京都南部)や河内の宇智地名が非常に関係があることはすでに書いた。武内・うましうちの「うち」と ...

いつもそうだった。酔いにまかせて人を斬る。「小林行雄がだめなんです」「小林、ゆきお、ですか」「はい、いや小林を代表にする過去の権威主義が」「かわかつさん、それはそうかも知れないが、そんな風に言ってはいけないんです」その通りなのだ。日田市の歴史研究会の彼が ...

古代史において最重要な装飾が直孤文だ。纏向遺跡からでた孤文円盤、吉備の孤帯文・直孤文行き着いたところに存在する完成された呪模様直孤文は中央から派遣された氏族だけが墳墓・石棺に貼り付けられた神文でもある。地方と中央の関係を教えてくれる直孤文を持つ古墳が九州 ...

南九州の旅から早や一週間、ようやく肩に憑りついていた縄文世界の地縛霊も去り始め、ぼちぼちと今回の狗古智卑狗に出会うツアー紀行文をものしていこうと思う。せいぜい無理をせず、一日一ヶ所、画像を交えてののんびり記事にしたい。押せば順位がひとつあがります  ↓  ...

↑このページのトップヘ