カテゴリ:記紀異説・神話分析 > 聖徳太子考

聖徳太子がイメージでしかないのなら、子孫などいるはずがない。とか、あなた、考えることありますか?『日本書紀』記述が、藤原氏摂政の正当化のために書かれているとするならば、当然蘇我氏を最悪に描き、蝦夷も入鹿も、最低に描いて当然。そもそも、一巳の変などあったの ...

坂越(さこし)の大辟(おおさけ)神社や、世阿弥「風姿花伝(花伝書)」には「河勝は祟る鬼」という伝承が記録されている。なぜ河勝は祟るのか?それは河勝が蘇我氏に組した闇の暗殺者で、歴史の闇である障礙神 (しょうぎじん=マハーカーラのごとき宿神=後戸の神=影のフィク ...

にほんブログ村『隋書』倭国伝には、蘇我馬子の時代(『日本書紀』の言う推古年間)に、隋という大国へ正史を送る記事が載っていることは当然ご存知だろう。例の「日出る処の天子より、日没する処の天子へ、つつがなきや云々」というやつである。このとき倭国へ使者が訪れ、倭 ...

聖徳太子は天智~光明皇后が、日本に仏教を定着させるために創作された、日本自前の聖人である。中でも、持統から光明皇后・聖武までの王族にとって、ことにそれが大事だった。天智にとっては、白村江敗戦による唐と新羅の連合軍が追いかけてくることへの、政治的団結を ...

聖なる蘇我氏墳墓ラインと、丸山古墳の被葬者を決定すれば。謎が次々解けてゆく。五条野丸山古墳(大軽丸山古墳/見瀬丸山古墳)は、奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町にまたがる前方後円墳。奈良県最大規模。石室までの長さは日本最長(二位は福岡県の宮地嶽古墳【推 ...

記紀では、邪馬台国から飛鳥までをつなぐ時代には、河内王朝時代と継体大王時代があるわけだが、ぼくは磐井は記紀にある聖徳太子なのだと考えている。彼が継体に負けることで弥生から続いた九州王朝の栄光は完全に消え去り、飛鳥・奈良が名実ともに覇者になってしまう。 ...

池田理代子作 物部守屋先だってより四天王寺のなぞを紐解くうちに、次第に見えてきたものがある。守屋は蘇我氏よりも先んじて、河内の別業に渋川寺なる仏教寺院を建てている、以前は、ここを寺=建造物、別荘という広義の解釈を採用していたが、どうも伽藍遺物から見て ...

“海柘榴市之(つばきちの) 八十衢尓(やそのちまたに) 立平之(たちならし) 結紐手(むすびしひもを) 解春惜毛(とかまくおしも)”(訳)海柘榴市の数多い街路でふみならして、歌垣をした時結んだ紐を解くのは惜しいよ(日本古典文学全集(小学館 昭和48年12 ...

聖徳太子のイメージは、もう間違いないと言っていいのだが、少なくとも五人以上の人物像のコラージュでできあがっている。それが1作り出され 2さらにイメージがかぶさり 3そして過剰に神聖視された・・・この三つの時代的経過がそこにはある。最初にその複数のモデル ...

伝聖徳太子二王子像の王子ふたりのみづらには花飾りがさしてある。いったいこの花はなにか?まずそれを探ってみる。パルメット=忍冬唐草文■アンテミオン スイカズラ(正しい古訓だとカヅラであるはずだが) 「「忍冬文(にんどう・もん)」 という名もあるが 、この植物( ...

↑このページのトップヘ