カテゴリ:異界研究 > 竹取物語の謎を解く

タケは南方系だけだと思い込んできたがが、温帯系もあるらしい。タケ亜科内の位置づけ[編集]タケ類(タケ連)はイネ科タケ亜科に属する。タケ亜科にはタケ連のほかに Olyreae 連が属するが、Olyreae 連は典型的な草本であり、タケ連のような木質の茎を作らない。Sungkaew ...

春雨が続くのでせんかたない。暇つぶしのテレビも面白くもない。かと言って、しんどい作業になる摩多羅神その2にとりかかる気にもなれない。ちょっと気分転換記事を書くことにするか・・・。多胡碑とかぐや姫の不思議な関係多胡碑(たごひ)は、群馬県高崎市吉井町池字 ...

With2ブログランキングへ■惟喬親王「惟喬親王(これたかしんのう、承和11年(844年) - 寛平9年2月20日(897年3月30日)は、平安時代前期の皇族。文徳天皇の第一皇子。母は紀名虎の娘・更衣紀静子。別名小野宮。同母妹に恬子内親王がいる。当親王を支持した紀氏は、側 ...

With2ブログランキングへ   ↑ お一人様一日一回押すとランクがひとつ上がります ↑◆磐之媛相関図http://frypan.asablo.jp/blog/2010/12/15/5582978系図を見て一目瞭然、磐之媛の子どもは倭五王の大王系譜そのものであることがわかる。それはつまり葛城襲津彦(沙 ...

◆竹取と富士山「『竹取物語』は物語後半で富士が舞台となり、時の天皇がかぐや姫から贈られた不老不死の薬を、つきの岩笠と大勢の士に命じて天に一番近い山の山頂で燃やしたことになっている。それからその山は数多の士に因んでふじ山(富士山)と名付けられたとする命名説 ...

■集落の魔除け、ウツギ・卯の花縄文時代の環状集落や弥生時代の環濠集落、さらに古墳時代の古墳まで、その周囲にはウツギや仲間の卯の花の木が植えられていることが多い。馬見丘陵→http://blogs.yahoo.co.jp/kazzkoro/43369584.html安満宮遺跡→http://e066u.blog46.fc2.co ...

中世から江戸期にかけて「さんじょ」という言葉は「え%●た・ヒ・ニ#ン」の集まる場所で、「散所」と書いた。そこの頭目が「散所太夫」などと自称していた。いわゆる平たく言えば「え★た■がしら」のことである。鴎外はそれを悟られぬようにか、あるいは悟らせるためにか ...

『竹取物語』の主人公・かぐや姫。そのモデルは簡単に特定できる。古代山背の国(京都府南部)の旧綴喜(つづき)郡は竹の名産地で、竹製品が多かった。綴喜郡はかつて筒木(つつき)郡で、この筒木とは竹を表している。中が空洞の木という意味であるが、この竹をこの地に持 ...

垂仁記「天皇は大后の亡くなった時に、石祝作(いしきつくり)と土師部(はにしべ)を定めた。大后は狭木の寺間の陵に葬られた。この天皇の御歳、一百五十三歳(ももあまりいそぢまりみとせ)。御陵は菅原の御立野の中にある。」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ...

↑このページのトップヘ