カテゴリ: おすすめの参考文献

にほんブログ村    倭・倭人言及がある中国文献一覧と原文・翻訳サイトへのリンク出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』倭・倭人関連の中国文献https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E3%83%BB%E5%80%AD%E4%BA%BA%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%AE%E ...

東大中世史学の保立道久がこの秋、「ブックガイドシリーズ 基本の30冊」で『日本史学』を著した。人文書院。2015年9月。目次だけ拾い上げるとこうなっていた。中世史にかぎらず、広く通史に渡った内容になっているので、古代史ファン、先史時代ファンにも役に立つ。触発 ...

    松木武彦『進化考古学の大冒険』2009欧米海外留学も経験した大阪大学卒の、グローバル考古学。話題の若手考古学者。先土器時代から古墳時代までを、独自のグローバル視点で考察。古代史初心者には現代最新の日本人通史として最適。     工藤雄一郎編『 ...

   著作古墳の発掘(中公新書 (65))(中央公論社 1965.04)古墳時代の考古学―シンポジウム(學生社 1970)古墳―石と土の造形(カラーブックス212) (保育社 1970.12/DX版1973)黄金塚古墳 (美術文化シリーズ) (中央公論美術出版 1971)井辺八幡山古墳 (和歌山市教育委員会 19 ...

めったに絶賛しないKawakatuですが、この本は古代史初心者からベテランまでお勧めしたいよい本。なによりも読みやすく、簡潔。専門的なこむづかしさは皆無。読み進むほどにすっきりしてゆく。ベテランは初心に戻り、初心者はどんどん古代が見えてくる、そんなよい本。い ...

伝統的ケルト文化の直弧文的な弧帯文様  日本の弥生時代~古墳時代に隆盛した直弧文   ●糸島にはなぜ装飾古墳が無いのか? 氏の答えは装飾古墳を「大和朝廷から睨まれる風習」とし「知らない、技術が無いのではなく、知っていて、あえて政治的判断でそうした風習 ...

どれを読んでもはずれなしである。よりどりみどり。古墳の発掘(中公新書 (65))(中央公論社 1965.04)古墳時代の考古学―シンポジウム(學生社 1970)古墳―石と土の造形(カラーブックス212) (保育社 1970.12/DX版1973)黄金塚古墳 (美術文化シリーズ) (中央公論美術出版 1971)井 ...

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へにほんブログ村 科学ブログへにほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ記事に採用した参考文献■民俗学・神話学・人類学・宗教史須藤 功   『神と舞う俳優たち 伝承芸能の民族』 青弓社写真叢書 2000磯川全次編  ...

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ■『論衡』 1世紀に書かれ2世紀末に世間に著される周時天下太平 倭人來獻鬯草」(異虚篇第一八)周の時、天下太平にして、倭人来たりて暢草を献ず」成王時 越裳獻雉 倭人貢鬯」(恢国篇第五八)「成王の時、越裳は雉を献じ ...

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ■『三国志』魏志 東夷伝倭人条倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依りて國邑をなす。旧百余國。漢の時朝見する者あり、今、使訳通ずる所三十國。郡より倭に至るには、海岸に循って水行し、韓國をへて、あるいは、南しある ...

↑このページのトップヘ