カテゴリ:異界研究 > 神社ミニ知識

昨夜は痛飲したためいい加減なことを書いたようだ。書き直しました。失礼。たどたどしいとはこのことか。多度とはなんだろうか?「多度大社(たどたいしゃ)は、三重県桑名市多度町多度にある神社である。式内社(名神大)で、旧社格は国幣大社。三重県では伊勢神宮・二 ...

簡単にわかりやすく捉えるならばだが、そしてそう思ってしまうと、みなさんにはあまりに夢がないと感じられるかもしれないが、あえて言うならばだが、神宮とは国税庁である。大社とは国家権力者がその地を支配した証明で、知事官舎。神社とはその地の権力者がそこをぶん ...

なぜ黄色い鳥居があるのか?陰陽五行で黄色は土、中央を意味する色。吉野裕子『狐』(法政大学出版局)は、農耕文化では特に「土」気が重要で、「狐の黄色」、「黄色によって象徴される土徳」、「この土徳即年穀の恵みへの期待」、すなわち狐は土気(どき)の象徴だとする ...

 山口神社(やまぐちじんじゃ、やまのくちじんじゃ)は日本各地にある神社。山口神社 (札幌市)(北海道札幌市)山口神社 (美作市)(岡山県美作市)山口神社 (和歌山市)(和歌山県和歌山市)令制時代の国家祭祀である祈年祭において祈願の対象とされた山口坐皇神(やまの ...

                                 ランキングクリックは読者の良心 ◆談山神社嘉吉祭御神饌     ◆北野天満宮梅花祭御神饌      ◆和布刈神社(めかりじんじゃ) 和布刈神事御神饌「めかり」とは「め」=海藻を神職たち ...

   神饌(しんせん)・・・神への食(け)。贄(にえ)基本的に神職と氏子によって自給自足で作られる。その資金は氏子の寄進とお賽銭などである。伊勢神宮の場合、祭神のいる内宮(ないくう)への贄に始まり、朝廷から斎宮(さいぐう)が常駐するよになると、祭神を ...

■住吉大社の使いは兎「ウサギは住吉さんのお使いだとか。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・住吉大社の御鎮座が、神功皇后摂政11年辛卯の年、卯月の上の卯日であると伝えられていて、卯の花は住吉大社に最も関係の深い花となっています。」http://blogs.dion.ne.jp/ang ...

一般に海神社は「かい・じんじゃ」と読むが、正式には「わだつみ・じんじゃ」である。「あま・じんじゃ」とよも読むところがある。海人族が河川を遡り内陸に入り込んだ痕跡かとも思える。http://blogs.yahoo.co.jp/michio_ichii2002/38006258.htmlhttp://ja.wikipedia.org/wi ...

少彦名(すくなひこな、すくなひこ)も医療の神である。それでこの神を祭ることが多い全国出雲系粟島神社にはのちに薬師が垂迹していることが多い。粟は古くから畑作農作物のひとつだが、なぜか粟畑と言わず粟田(あわた)と言う。森浩一がこれについて禾は粟で、どちらもア ...

http://www.hikino-jinja.jp/疋野神社リーフレットより編集引用 ○「疋野神社は2000年の歴史を持つ肥後の国の古名社で」「疋野神社の創立は景行天皇築紫御巡幸の時より古いと伝えられ2000年の歴史を持つ肥後の国の古名社です。」●2000年以上の歴史を持つ神社という表現 ...

↑このページのトップヘ