民族学伝承ひろいあげ辞典

文献・科学・考古学・遺伝子学・環境学・言語学・人類学・民俗学・民族学 あらゆるヒントを総合し、最新用語を解説、独自に解釈してわかりやすく説明します。 誰も書かない、目から鱗、鼻から牛乳、目から火花、頭の先からぴかっと電球

カテゴリ: 世界史・東洋史・グローバルな視点

四月、新年度の始まり。私にとっては未経験のフル年金生活の始まり。これで老後を生きていけるかどうかの実験の一年が今ようやく始まった。まあどうにかこうにかぎりぎりだが、生きていけるのではなかろうか。あとはワクチン接種が待ち遠しい。ただ、古代史研究者としては、 ...

再掲載記事についてKawakatuの過去の業績について、ブログがヤフーからライブドアに移行したことによって、ネット上での認知度が半減してしまったことを、筆者Hineは残念に感じてきました。よって、過去記事を選りすぐって再掲載してゆこうと思います。Kawakatuの晩年は多く ...

●アメリカの人種差別について昨年、クリント・イーストウッドがグラン・トリノ以来10年ぶりに90歳にして主演・監督・脚本という快挙を成し遂げた映画「運び屋(原題 The Mule)」を昨日じっくりと観させていただいた。やはり天才クリント、傑作だった。運び屋 特集: イース ...

にほんブログ村タマムシの羽現代でも高価取引される装飾品である螺鈿の代用品として好まれたか?昭和まで西日本ならどこにでもいた甲虫である。 国内初 玉虫装飾の馬具確認、新羅と交流物語る資料 福岡・船原古墳「福岡県古賀市教育委員会は13日、同市の国史跡「船原(ふ ...

にほんブログ村 「さて、今年(2019年)3月に、カマン・カレホユック遺跡から世界最古の鉄製品が出土したという報道がありました。ご存知の方もおいでになるかもしれません。この鉄製品は第IV層から見つかりました。これまで製鉄の起源は3500年前から3400年前、つま ...

にほんブログ村長江で発生する水蒸気の大半は上流にある世界最大規模の三峡ダムにためられたヒマラヤ山脈やチベット高原の大水量から生じ、偏西風に乗って日本列島に異常な規模で訪れるようになった。その水量は日本の球磨川の数百倍以上だ。線状降水帯と長江は本当に因果関 ...

中国には万里の長城がある。それは外側からの脅威に対する歴代中華の防衛策だったわけだが、要するに現代の共産主義中華は、長い中華の防御の歴史とは正反対に、外へ外へと出ていこうとする国家に変わった。これに対して、米英は香港・台湾政策がそれまでの建前だけの「一国 ...

  「日本における城の原型は、弥生時代に生まれた環濠集落です。環濠集落とは、文字どおり、まわりに濠(=堀)をめぐらせたムラです。弥生時代には、稲作農耕が広まるとともに、金属製の剣や鉾(ほこ)、大型の鏃(やじり)といった武器が使われるようになりました。こうし ...

 毎日新聞  「松江市の田和山遺跡で出土した弥生時代中期後半(紀元前後)の石製品にある文様について、福岡県の研究者グループが、文字(漢字)の可能性が高いとの研究成果を明らかにした。石製品は国産のすずりと判断しており、国内で書かれた文字ならば従来の確認例を20 ...

鉄のシルクロード 人類の製鉄の開始は紀元前1300年頃、現在のトルコ共和国アナトリア地方に存在したヒッタイト王国の国王・ハットウシリシュ大王がエジプトのラムセス二世に送った手紙※(ボアズキョイ文書)が最古の記録でありますが、その時代をはるかにさかのぼる古ヒッ ...

↑このページのトップヘ