カテゴリ:民族学・民俗学・地理・地質 > 食いしんぼの世界

筆者作。この状態でも 麪(ミェン)、小麦粉も麪(ミェン)粉ものをひいて、水で練り、広げたものには中国では 麪(ミェン)と粉(フン)がある。麪(ミェン)小麦、粉は小麦以外(ビーフンなど)。麪(ミェン)はのちに麺と表記した。意味はいわゆる麺棒で伸ばした小麦粉。あ ...

前回は油揚げの形状の東西の違いを考えた。その中からでは豆腐自体に違いがあったのではないかという疑問が新たに生じた。すると豆腐だけでなく、油を食用とする時代まで考えねばならないことに気づいた。ざっと書く。小難しい引用などははしょる。まず豆腐。豆腐が日本に来 ...

にほんブログ村きつねうどんには揚げが乗っている。ところが関東では四角で、関西以西では三角だ。これはなぜ?油揚げ自体は尾張名古屋で発祥したそうだ。まずは江戸の寿司屋がこれを甘辛く炊いたもので作ったものに酢飯を詰めて売り歩く「稲荷寿司」の原型が生まれたことと ...

「 日本海側で最大級とされる縄文時代の小竹貝塚(富山市)で見つかった約6千年前の縄文土器片に、エゴマの実の跡が526個確認され、土器全体で1730個も混じっていたと推定できることが、熊本大の小畑弘己教授(東北アジア先史学)の研究で分かった。両手にほぼ1杯の量で、意 ...

にほんブログ村ぽちっとお願いします。蕎麦は世界でも最も古くから食べられていた食品。古代エジプト王も食べていたし、日本では9000年前の土壌から蕎麦の花粉が出たし、東北縄文土器からも蕎麦の痕跡も見つかっている。調理法は不明だが、おそらく団子にするか、柔らか目に ...

にほんブログ村にほんブログ村平成最後の晩餐はすき焼き。以上。蕎麦食ったりはしません。ノーコメント。にほんブログ村 ...

熊本名産いきなり団子中に芋とあんこが入っているぼんやりと大河いだてんを見ていたら、いきなり「いきなり団子」が出てきた。いきなり団子とは、一般的には「ゆでもち」と呼ばれる熊本のデザートだ。それがとなりの大分県竹田市に行くとほぼ同じものが「ハラフト餅」と言わ ...

竹の皮でおにぎりを包む。By Kawakatu 竹の皮はやがてはがれ落ちるが、笹の皮ははがれない。山に入ったときなど、マダケの皮を見つけたらはがしてもってかえる。孟宗竹は使えない。天日で乾燥させ使うときは水につけて柔らかくしてから乾燥したままではやぶれてしまう ...

「…モンゴル人の下にあっては,馬肉は貴人の食品でさえあった。中世以降,キリスト教の影響で,ヨーロッパで馬肉食は馬の犠牲風習の禁止とともに抑制されたが,タルタルという名の下で異国風の料理とみなされ,現在でもなお生の馬肉の料理は根強く愛好されている。また ...

●コメを選んだときから塩辛いおかずを好きになったコメ食人「農耕時代に入り、森を出て、海からも離れた場所での定着生活を営むようになり、食生活は変化した。縄文晩期には、稲やその他の雑穀類の種子をもった渡来人が現れ、九州の湿地帯に稲を作り始めた。食生活は、 ...

↑このページのトップヘ