民族学伝承ひろいあげ辞典

文献・科学・考古学・遺伝子学・環境学・言語学・人類学・民俗学・民族学 あらゆるヒントを総合し、最新用語を解説、独自に解釈してわかりやすく説明します。 誰も書かない、目から鱗、鼻から牛乳、目から火花、頭の先からぴかっと電球

カテゴリ: 理化学・化学・遺伝子学(DNA)分析史学

「 ワクチンに詳しい北里大学の中山哲夫特任教授はワクチンを接種しても感染を広げたり、発症したりする可能性が完全になくなるわけではなく、さらに発症した場合の治療で特効薬はないため、ワクチンを接種したとしてもしばらくはマスクを着用するなどの対策を続ける必要があ ...

東京方言話者と東北地方南部方言話者の言語処理の違いを発見 | 理化学研究所 (riken.jp)「理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、日本語における単語のピッチアクセント[1]を処理する際の脳活動における左右の半球の反応差が、東京方言話者と東北地方南部方言話者間で異な ...

 ●ヒトは哺乳類の中で最も難産なのに、なぜ体を進化させようとしないのか?https://ddnavi.com/review/594759/a/「生存闘争とは地球における椅子取りゲームのことで、すべての生物が必ず行っていることだ。もしも生存闘争をしない生物がいたら、地球はとっくにその生物で埋 ...

知識に行き詰りを感じる日々です。図書館へ決死の思いで行き、地質学を中心に本を借りてきましたが、読み進まず「積読」状態。スランプというほどではありませんが、しばらく気分転換がしたいわけです。ひらめきが生まれるまでしばし休眠。まあ、ひらめきは明日にも来るかも ...

生命の起源にはRNA・DNAをどうやって、何から、生物が獲得したかは重要な要素。それが隕石のリンが関与したということがやっとわかった。BSでコズミックフロント惑星シャワーが再放送され、確認できた。放散虫ではない、リンが重要だったとわかった。現在の地球にはリンが非 ...

尼崎市に久々知須佐男神社があり、中世は久々智氏が住んだと由来にある。菊池家文書館~久々知須佐之男神社 (itscom.net)しかしKawakatuの地名の法則では、氏族からついた地名はちょっと考えづらいというのが持論。もし氏族からついた地名なら、その氏族が出てきたところの地 ...

NHK「ジオ・ジャパン第二集」を視聴して、そのほとんどはもう民族学伝承ひろいあげ辞典が書いてきたことの集約、再編集であると感じた。では民族学伝承ひろいあげ辞典が過去、三波川(さんばがわ)変成帯に多い青い石(緑色結晶片岩、緑泥変成片岩)について一体何がわかるのかの ...

夫れ楽浪海中に倭人有り(『漢書』地理誌)倭人である。倭国ではない。海の中に倭人はいる。どこの?ここの。 画像貼り付けのクレームあればすぐに画像は交換します。ご連絡を。上に掲示板リンク、下にコメント欄あります。連載 占星学から解く日本の原点 | その10:邪馬 ...

人種・・・この言葉は今は専門家が使わなくなってきたから、じゃあ民族か。白人、黒人、黄色人・・・これも変か。では欧米人、アフリカ人、アジア人で行くか。横顔比較上から欧米人、東アジア人、アフリカ人骨格比較図(横顔) なにが違いますか?まず頭の鉢の長さが違います ...

昨夜から今朝まで、ラジオではNZ北部のケルマデック諸島で都合3度の大きな地震が起きたと言う報道を聞いた。寝ていてもそういう報道は耳に入ると目が覚めるから困ったもんだ。眠らない武士みたいだ。今日はここは書かないつもりだったんだが、これだけは書いておくしかない。 ...

↑このページのトップヘ