カテゴリ: 古代史全般「書いておきたい古代史ヒント」

昨日の「みやね屋」で、ノーベル賞の吉野先生と宮根が、美々卯でけつねを食べていた。宮根が酒をプレゼントしてのみ始めると、先生呑むこと呑むこと。肴もなしで、吟醸をくいくいやる。話が面白い。学生時代は考古学研究のクラブにいて、そこで奥さんと出会って結婚したとい ...

船木氏に関する目立った情報造船の名手伊勢では記紀崇神・垂仁朝に、倭姫(やまとひめ=伊勢斎宮)元伊勢巡行の舟を取り仕切った記録景行天皇は船木氏の多い近江に遷都し宮建設記事神功皇后紀にも登場し船を仕切る。多氏の祖・神八井耳命を祖とする。伊勢水銀採集に関わる。播 ...

にほんブログ村ぽちっとよろしく!!●織田信長故郷は越前・織田氏出自は高句麗か?1越前織田・劔神社「劔神社の創祀は悠久の昔、遥か北に仰ぐ座ヶ岳の峰に素盞嗚大神を祀り、〝劔大神〟と称えたことに始まります。神功皇后摂政の頃、第十四代仲哀天皇の第二皇子忍熊王は、 ...

カニバリズムとは何か?2012年08月13日 14:15◆カニバリズム語源「スペイン語の「Canibal」が語源。「Canib-」はカリブ族のことを指しており、16世紀頃のスペイン人には、西インド諸島に住む彼らは人肉を食べると信じられていた。そのためこの言葉には「西洋キリスト教の倫理 ...

(CNN)「地球には過去5回の大量絶滅時代があり、科学者らは第6の絶滅時代が迫っていると警告しているが、その到来は従来の予想よりずっと早いとする研究が1日刊行の科学誌に掲載された。原因はすべて人類の活動にあるとしている。すでに人類は数百種の生物を地球上か ...

相模国は筆者Kawakatuのご先祖さま、寒田氏の本貫地である。神奈川県泰野(はだの)市はかつての大友郷波多野(はだの)で、今は秦の字をあてているが、秦氏よりも海人族波多野氏の領地。そして鎌倉時代の豊後守護職・大友氏の母方の地だ。先祖は大友家が豊後下向のおりに臣下と ...

 ニュースでは、東京の人がやけに大喜びして外出している映像が流されている。地方出身者だらけの東京は、実は「すべての地方から今」「さべつを受けている」ことにまったく気づいていないようだ。つまり「東京の人は東京から出ないでください!!」という強い要望が全国で ...

 中高年になると人は病気に几帳面になるもの。自分も去年10月末に高血圧が明確化してからというもの、上のような「血圧ノート」をつけるようになった。それまでは健康にはほとんど無頓着に生きてきた。このノートは昨年10月31日からつけ始め、その後新型コロナが出現してか ...

C・W・ニコルはCOVIT19には感染せず、ナチュラルな病いで天国へ行けた。実に象徴的な死ではあるまいか?自然を愛し、守り、干渉せずに生きて死んだ。一方で、大地を開拓し、恵まれない一部地域の人々を救った医師・中村哲には、自然神は手は出さなかったものの、人が銃弾で殺 ...

 大分県の県庁所在地大分市は、1970年代に武漢市と、「鉄つながり」で姉妹都市を結んだ。大分市に新日鉄ができたとき、大分市の新日鉄は武漢市へ製鉄技術者を送り指導している。そのとき以来、人口わずか46万人の「新産業都市大分市」は、人口960万人の武漢市と姉 ...

↑このページのトップヘ