カテゴリ: 古代史全般「書いておきたい古代史ヒント」

考古学とはどうあるべきなのか。歴史学とはどうするべきものなのか?過去の事実から知ることのできる、日本の歴史。歴史研究とはこうやるものだ、ということを教えたい。過去は恣意的に決めるものではないというスタンスの実例。戦前、東京駅から福井県敦賀港、ウラジオスト ...

 筑紫の水沼君 つくしのみぬまのきみ「旧事本記」に「水間君の祖、物部阿遅古連あじこのむらじ」とある。日本書紀には 『即ち日神の生(あ)れませる三(みはしら)の女神(ひめかみ)を以ては、葦原中國の宇佐嶋に隆(あまくだ)り居(ま)さしむ。今、海の北の道の中に ...

根本から邪馬台国研究をぶち壊すことを書こう。倭人伝が倭人には女王がいたと書くこと自体、当時の中華儒教思想から見れば、あきらかな蛮族差別になる。つまり魏志ははなっから倭人を見下していたことは間違いない。東夷伝のすべて、諸蕃国家などのすべては中華にとって都合 ...

菅さんの会話の特徴のひとつが「そういったことを」「こういったことを」と言う時のアクセントの置き場であろう。共通語では「どういった」と言う時には、東京を中心とする南関東地域では、語頭の「ど」にアクセントを置く。「どういった」と言うと思う。ところが「そういっ ...

にほんブログ村ひと月ぶりの記事である。8月10日以来になる。このひと月何をしていたか。まず毎年のことだが、この晩夏が自分には鬼門で、盆前あたりから必ず夏バテになることが第一。それに加えて今年は風呂の給湯器が壊れ、水風呂の日々もこたえた。最初は知り合いのいる温 ...

にほんブログ村にほんブログ村春成秀爾『考古学はどう検証したか 考古学・人類学と社会』2006より弥生時代の開始が早くなった理由に、水田稲作遺跡発掘と鉄器発掘の年代的分析がある。水田は菜畑遺跡から出て、炭素年代法でそれまでの土器編年によった年代解釈が大きく変化 ...

にほんブログ村にほんブログ村クリックよろしく。山内一也の本によると、ヒトにウイルスが入り込むようになったのは牛から、つまり牛を飼うことから始まると書かれている。最新学説では石器時代の農耕開始からだと言う説もあるが、それはヒトには感染することがなかった。htt ...

コロナ禍が完全に終息するのに、自分は15年と見ている。理由?まず完璧な特効薬とワクチンが完成するのに5年、それが世界の人たちにまんべんなく、貧しい人にまで接種されるのに10年以上はかかるだろうから。高価なワクチンや薬は、貧者にはなかなか接種もむつかしかろう。そ ...

●磯田道史 新型コロナとの共通点は? コレラ、梅毒、スペイン風邪……磯田道史が語る「日本史を動かした感染症」「コロナウイルスの歴史」は牧畜とともに始まった「“6つのウイルスの遺伝子を解析すると、ヒト型コロナウイルスが初めて出現したのは、およそ紀元前8000年頃 ...

「連日の雨であきあき。まだ当家周辺はときどきやむからましだが、被災地はそりゃあもう大変だろう。線状降水帯は延々としつこく中華の長江で発生しては、くどくどしくも切れ目なく偏西風に乗って日本列島を責め立てる。まったく中華はコロナは漏らすし、今度は豚インフルエ ...

↑このページのトップヘ