カテゴリ:理化学・化学・遺伝子学(DNA)分析史学 > 人類起源

アニメの名前ではない。一万年前にアメリカ大陸に移住した、最初のアジア=東ユーラシア人の人骨につけられた名前。ナショジオから画像編集「メキシコにある水中洞窟の底で、12,000年以上前の少女の骨が発見された。DNA解析等から、アジアから渡ってきた古代人の子孫と推定さ ...

人類拡散ルートネアンデルタール人とデ二ソワ人の遺伝子的隔りアジア人と直結するデ二ソワ人ゲノム遺伝子デ二ソワ人はロシア北中部のデ二ソワ洞窟で発見された旧人。この洞窟にはネアンデルタール人の骨も同居しており、遺伝子的にも両者は混血があったと考えられる。さらに ...

日本人起源について、過去最も受け入れられてきた仮説は「二重構造説」だということは誰もがご存じだろう。しかしこの説には形質人類学、骨相学などからの古い仮説と、最新核ゲノム分析による新しい二重構造仮説とで、かなりの違いがある。埴原和郎らが唱えた二重構造モデル ...

このことはかなり前にすでに書いたことだが、あらためて、人種とは言わず、今は人類学などでは「人」「民族」が使われる。黒人はネグロイドではなく「アフリカ人」、白人は「西ユーラシア人」、モンゴロイドは「東ユーラシア人」と使う。また縄文人は縄文時代人、弥生人は弥 ...

にほんブログ村ぽちっとよろしく!!内在性レトロウイルスというものがある。哺乳類の胎盤形成に関わったのがレトロトランスポゾンという可動因子だ。この因子が、あるとき、突然爬虫類?のなにがしかに寄生したとき、動物は胎盤で子孫を作るようになれた。だから爬虫類はネ ...

海部陽介の講義動画一覧へのリンクコロナで身動き取れないあなたへ贈るひまつぶしの時間だ。また、ヤフー考古学ニュースでは、最新説が出ている。 「アフリカ南部の内陸国ボツワナに、マカディカディ塩湖と呼ばれる場所がある。まるで白い粉に覆われたように乾燥した大地が ...

 ●現生人類の「出アフリカ」は一方通行ではなかった、ヒト族の複雑な交雑史 「たとえば、ネアンデルタール人はヨーロッパと中東に広がっていた。ネアンデルタール人と近縁のデニソワ人はアジアに広がっていた。現生人類は、これらのグループと出会うたびに交雑したようだ。 ...

「人類はゴビ砂漠を横断してシベリアまで拡散したんだって」北ルートのケース──気候や地形といった環境障壁をもとにシミュレーションが行われた 人類は、12万5000年前から1万2000年前までの後期更新世に、アフリカ大陸からユーラシア大陸へ広く拡散していったと考えられて ...

にほんブログ村「ついに先週、期待通りチベット高地で出土していた下顎骨と歯がデニソーワ人由来であることが、中国蘭州大学とドイツ マックスプランク研究所によりNatureに発表された(Chen et al, A late Middle Pleistocene Denisovan mandible from the Tibetan Plateau ...

にほんブログ村https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&p=%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%8A%E3%82%84%E6%B4%9E%E7%AA%9F+%E4%BA%BA%E9%A1%9E+%E3%81%82%E3%81%94%E9%AA%A8&fr=ie8scint#mode%3Ddetail%26index%3D3%26st%3D0ついに出た!というべきか、当然だと言うべき ...

↑このページのトップヘ