20210616_104902
画像は本文とは関係ありません。ワクチン接種会場に用意されていたままごとセット。子供を連れてきた人のためだろうか?

9cd61634



日本人の人名には、歴史的に由緒ある貴族や武家のもの(ウジ・カバネ)、その家臣団以下のもの、明治以降にそれにならって名乗ったもの、地名由来、そして渡来系や外来者が意味を込めて名乗るもの、神職・祭祀者・阿弥・念仏坊主・乞食坊主・厄払いといった職業名乗りなどなど複数の由来がある。

清原氏(うじ)は飛鳥以降100人ほどが天皇から賜った貴族の氏姓。 清原元輔、娘の清少納言など皇別氏族である。由来は飛鳥浄御原(あすかきよみはら)宮に仕えた貴人に与えられた氏姓であろうと言われている。

彼らに仕えるものどもも古墳時代、飛鳥・奈良時代、平安時代は基本同姓を名乗った。その子孫は氏に準ずる。ただし清原家に仕えるものということなので「きよはら・の・~(姓)」となり、ほかの氏を並べてつけるのが一般的。清原の●●の●●となる。戦後、どっちを名前にしたかは家によりさまざま。


すみ着いた地名名乗りは、ただ「苗字」と言う。現代、氏姓(しせい)と書くが往古のうじかばねとは歴史的意味や格は全然違う。

長野県などのように高原の美しい原に住んで名乗る一家もある。美しい川・清流のそばに住むケースもかなりある。また下層民の場合は、逆説的に汚い場所にいても清原、清川、清洲、美原などと名乗りたがる傾向があった。渡来人(古代帰化人)やのちに来日した在日朝鮮人に清原姓は好まれる傾向もあるらしい。この三つはそうではない(貧しくつましく身分が低いが)そうありたいという願望やステータス的な名乗りだろう。

大阪府で多いのは多くは在日朝鮮人か、古い神職に見られる名乗り。

地域では福岡、大分、大坂、京都、鹿児島などに多い氏姓。


どの氏姓でも言えることだが、聞かれれば最上位の皇族や武家を由来とすると答えておくのが通りがよいしだいたいどなたもそう答えるようだ。藤原さんの多くもそうだろう。日本の氏姓はあまり深入り調査しないほうがいい。人権にかかわることも多いから。


武家の氏姓は地名、下賜、あやかり名乗りがほとんど。だいたい本貫ははっきりしない。徳川家康のような乞食坊主だった父が婿入りして松平をついぐケースもある。世の中、苗字じゃあ素性はわからないのである。


ちなみに清原果耶さんは大阪生まれ。先祖まではわからない。先祖が大坂の祭祀者かな?あるいは渡来系かな?責任は持てない。やや陰りのある役柄が向いていたが、朝ドラでイメチェンした。ただしこの記事を書くきっかけに彼女もいるのは確か。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村




原始・古墳時代(日本史)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

民族学伝承ひろいあげ辞典 - にほんブログ村