f49e7c6e



東京方言話者と東北地方南部方言話者の言語処理の違いを発見 | 理化学研究所 (riken.jp)

「理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、日本語における単語のピッチアクセント[1]を処理する際の脳活動における左右の半球の反応差が、東京方言話者と東北地方南部方言話者間で異なることを突き止めました。これは、理研脳科学総合研究センター(利根川進センター長)言語発達研究チームの佐藤裕研究員(現徳島大学准教授)、山根直人研究員、馬塚れい子チームリーダーらと、名古屋大学の宇都木昭准教授、東北大学の小泉政利准教授らの共同研究グループによる成果です。

人間の大脳は左右半球に分かれており、単語や文の文法などの言語情報を処理する際には脳の左半球優位の反応が現れます。このような脳反応は、幼少期から言語を学ぶという経験によって形成されます。

日本語の多くの方言では“雨”と“飴”の違いをピッチの上昇と下降で区別します。これを単語のピッチアクセントと呼びますが、東北や九州地方の一部にはピッチアクセントを使わない、無アクセント方言と呼ばれる方言があります。過去の研究から母語で単語の意味に関わる音の違いに対して左半球優位を示し、文の抑揚などの違いは、その優位性が現れないことが知られています。しかし、同じ言語内の方言の違いでも同様な変化が見られるのかは分かっていませんでした。

そこで、共同研究グループは、ピッチアクセントを使う標準語の東京方言話者と無アクセント方言を使う東北地方南部方言話者を対象に異なる方言環境で育った話者間で脳反応に違いがあるかどうかを調べました。

具体的には、ピッチアクセントを聞いた時の東京方言話者と東北地方南部方言話者の脳反応を近赤外分光法[2]を用いてそれぞれ測定しました。その結果、“雨”と“飴”のようにピッチアクセントで区別される単語を聞き分ける際に、東京方言話者は、左半球優位の反応を示したのに対し、東北地方南部方言話者は左右同程度の反応を示しました。このことから、同じ日本語でも東京方言話者は、ピッチアクセントの違いを単語の違いとして処理しているのに対し、東北地方南部方言話者は抑揚の違いとして処理していると考えられます。

放送メディアなどの影響で、異なる方言環境で育っても特に若い世代では標準語に接する機会も多く、研究に参加した東北地方南部方言話者は標準語と東北地方南部方言のバイリンガルとも言えます。にもかかわらず、東北地方南部方言話者がピッチアクセント処理において東京方言話者とは異なった脳反応を示したことは、言語処理における左半球優位性には自分が育った方言環境が影響することを反映している可能性があります。

この研究は、脳と言語発達の関係の解明に寄与すると考えられます。成果は、米国の科学雑誌『Brain and Language』に掲載されるに先立ち、オンライン版(10月18日付け:日本時間10月19日)に掲載されます。」
東京方言話者と東北地方南部方言話者の言語処理の違いを発見 | 理化学研究所 (riken.jp)


方言が抜ける人と抜けない人の違いは脳の情報処理方法の違いにあったと、このサイトは書いている。
東京方言話者は単語のアクセントを左脳で処理し単語の違いだと認識できるが、地方方言者の一部は右脳左脳双方で処理し、その単語を単語の違いではなく抑揚の違いだと認識する、というのだ。

日本人全体としては英語のRとLが区別できないという特色を持っているが、これも外国語に対しての情報処理方法が違うせいらしい。方言同様に、このケースでは東京方言話者でも同じくR/Lが使い分けられないので、左脳で外国語を聞いていないということになるらしい。

実に面白いが、なぜそうなるのかについての理化学的解説はまだわかっていないようだ。

ここにはその人が育った環境への言及がある。
隔絶した土地で、そばに老人がいる昔ながらの家族構成の家で育つと、昔からの言葉に深く馴染んでいて、なかなかよその言葉になじめない。だから脳が言語処理にたけた左脳による分析を使うくせがつかない。それでいつまでたっても訛りや発音が抜けないらしい。ところが現代っ子はテレビ、学校、ネットなどから共通語イントネーションを学ぶ機会が多いから、苦労せずに標準語を使える。ということらしい。

もちろん筆者はそのことによる弊害も最近目立ってきたと感じる。
東京で流行る平坦アクセントや右肩上がりのアクセントとかを地方の若者までまねたりすることで、アナウンサーまでが流行の発音やアクセント、イントネーションに迎合するようになっているのだ。これは日本語には危機ともいえる。もとの正しい日本語を歪曲してNHKアナウンサーがテレビやラジオでしゃべれば、日本語の崩壊を助長していることになるだろう。

また核家族で東京の人でも正しいイントネーションを教えられず、間違った言葉を使う傾向も怖い事象である。子が間違った言葉はその子へと伝播し、子々孫々へ伝わってしまうからだ。

「赤とんぼ」という言葉を唱歌「あかとんぼ」の音符どおりのイントネーション=かとんぼ⤵ と言う人はもう滅びてしまっていることをご存じか?ほとんどの日本人は「あかとんぼ」→と平坦発音するはずだ。しかしそれはもう明治時代までの発音ではないのだ。あかとんぼは本来、語頭の「あ」にアクセントがあったのである。それはつまり「赤」一語で発音してみたらわかるはずだ。「あか」は⤵とピッチアクセントされるわけだから。もし⤴と言えば「垢」になってしまう。

「あめ」と書いてあっても「雨」なのか「飴」なのかはわからないが声に出すとわかる。これを単語の「ピッチアクセント」と言い、上昇下降で区別する。しかし共通語と地方で上下する場所が違う地方がある。「雨」は東京標準語では「め」⤵、関西弁では「あめ」⤴。
「飴」は標準語で「あ」→で、関西も同じ。とばらばらである。
ところがほとんどの単語がすべて平坦な地方がある。東北と南九州・沖縄、そして島根や鳥取の日本海側だ。つまり中央から遠い遠隔地だ。非常に訛りが強いことで共通する。歴史的には近畿畿内の中央政権からも江戸幕府からも隔絶され差別があった地域である。この三か所は2000年間中央が無視した別所だった。

このように方言からも日本の差別の歴史は感じ取れるのである。

遠いからだけなのかどうか、そこからさらに深く知ることが肝要だ。歴史を知りたければ。
出雲がなぜ異民族の神の墓所になったか?薩摩や日向の隼人はなぜ粛清され、蝦夷はなぜそうされたのか?
日本の正しい歴史は民衆の中にあり、決して正史、記録の中には書かれていない。学校で教えられた歴史は記録が正しいとしてきた虚像でしかないのだ。


(筆者の経験では、大学で関西に行く前からすでにある程度関西弁になじんでおり、苦労することはなかった。そのわけは子供の頃から関西の番組が流行っていたことや、二人の兄が先行して大阪に出ており、ときおり生の関西弁をしゃべる友人を連れてきたからだと思うが、それ以外でも英語や他府県の方言をすぐ真似してしゃべれていたから、左脳を使うことが苦手ではなく・・・つまり言語に強い方だと考えられる。物まねが得意な人はもしかしてそういう人なのかも知れない。音痴ではないというのもそういう能力か?おそらく音感と言語感覚は同じ左脳の情報処理能力の素養かも知れない。)


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村




原始・古墳時代(日本史)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

民族学伝承ひろいあげ辞典 - にほんブログ村