日本人起源について、過去最も受け入れられてきた仮説は「二重構造説」だということは誰もがご存じだろう。しかしこの説には形質人類学、骨相学などからの古い仮説と、最新核ゲノム分析による新しい二重構造仮説とで、かなりの違いがある。

埴原和郎らが唱えた二重構造モデルは、南方系遺伝子の縄文時代人のあと、北方系遺伝子の弥生人が渡来して、稲作携えてきた後者が人口を増やし、前者を飲み込んでゆき、しかも列島の南北に縄文時代人を追いやったとした。

しかし最新のゲノム分析では、縄文も弥生も同じく北方系であり、やってきた時代とコースだけが違った。しかも縄文時代人を南北に追いやったのではなく、弥生時代人の文化が南北には届くのが遅かったのであり、日本列島の中央部だけが混血が多くなり、南北では少なかった結果だとするのである。事実、考古学でも琉球も北海道東部も稲作を受け入れるのはずっと遅れた。どちらもバイカル湖周辺から出たのに、たどりついた時間が1万年も差がついたのである。先についた縄文時代人は、列島ですでに先住者旧石器人に出会い混血する。

アイヌはアムール川河口部からやってくる。そこには今もアイヌと近似する遺伝子の先住民が住む。

IMG_20200705_130413


ことに、上図の太平洋~瀬戸内ベルト地帯という幹線部は、その後の混血時代の中心となり、周辺へゆくほど縄文的文化が生き残る。日本古代史、神話、記紀で扱いが多く記録されなかった地域である。記紀神話はあえて中心地のことは詳細には書かず、単に「葦原中つ国」という表現しかしていない。それがこの太い線状に存在する。それは中華が言う「中原 ちゅうげん」から作られた中心地観念である。




しかしこのラインの周辺は、むしろ神話に頻繁に登場し、いかに大和王権がこれらを粛正、馴致したかに話が割かれる。つまりそのことこそは、パラドクサルに、記紀が大和中心に書かれたかの証拠になる。反面教師になる。出雲も、熊襲も、日向も、畢竟、大和から見て利用すればいい縄文世界なのだ。

IMG_20200705_130310

ヤマト人と出雲人の形質がまったく違うことはこの図から一目瞭然である。渡来人を中心とするヤマト、北部九州、関東の人々と、出雲つまり日本海、太平洋側、北海道・東北、琉球では、そもそもすみ分けられた異民族だ。以前、出雲国造千家(北島)家の顔と、明治天皇の顔を比較して、どっちが立派な顔に見えるか?と書いたことがあった。誰が見ても出雲国造家の顔は四角く、体躯も骨太で立派に見える。一方明治天皇に代表される渡来弥生系の御尊顔は、やせて貧相だった。そのことを遺伝子も証明したのである。

c39d5f6a-s


現代、かつての縄文的、四角く、堀の深い、立派な顔つきの俳優がどんどんテレビ画面から減っている。それはつまり混血がどんどん進み、弥生系体躯が平均的日本人の体つきになっているからだろう。うりざね顔の俳優や歌手ばかりが目立つ。こうなることは筆者が高校生くらいからわかっていたのだ。生物学の教諭も60年前にそう予言していたことだ。




IMG_20200705_130457



IMG_20200705_164400




日本人のゲノム形質の主成分(関東ヤマト人)から鳥取・島根県人と福井県人、沖縄県人が最もかけ離れる。それは祖先が持ってきた形質が最初から違う・・・つまり弥生系渡来人とはまったく別のアイヌなどと似通る北部アジアの形質。半島を経ていない古い形質だということになる。もちろん全員がそうなのでhない。現代ではどうしても住民が移住する。







IMG_20200705_130310
IMG_20200705_130225

IMG_20200705_130052
IMG_20200705_130015
IMG_20200705_125900
IMG_20200705_125600





縄文時代人と弥生時代人は本土では頻繁に混血した。結果的に第三波以上の渡来があった弥生時代人の形質は先住縄文時代人の形質を大きく上回る。だいたい85対15の割合で、中央部日本人の形質は同じである。しかし南北の琉球弧と北海道・東北北部だけは縄文の形質を残したまま、平安時代の大和の移住計画で混血させられる。しかし、今もまだ、青森~北海道東部、鹿児島~琉球でその古い形質は多い。しかもアイヌと琉球人のそれは似ていて、しかし弥生渡来人とは別の北方系であることを物語るのである。










にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村





IMG_20200705_125732













次は日本に来るまでのデ二ソワ人子孫としての日本人を語ろう。

ネアンデルタール人とで二ソワ人はまったく形質が異なる旧人である。
そしてバイカル湖にいたのがデ二ソワ人。しかしなぜか彼らは真南へ向かい、インドシナからサフール=ボルネオ・オセアニアへと出てゆく。



参考 斎藤成也『核DNA解析でたどる日本人の源流』河出書房新社 2017