斎藤成也のDNA最新作を読んでいたら、書いてあった。

アイヌ語でつかるはアザラシだと。

つまり津軽はアザラシが多い土地という地名なのだとわかった。

またゲノム分析で、出雲人は渡来系ヤマト人よりも東北縄文系だと答えが出た。

尾本恵市が生前集めたアイヌ人DNAの分析結果が出始めている。
(尾本は生前、縄文人も弥生渡来人も北方系アジア人である言っていた)

アイヌがアムール川沿線にいた民族と近いことも明確化した。

そして本土人との混血がアイヌの形質にばらつきを持たせているとも。

日本本土人は中華南北民よりも朝鮮に近いものの、稲作は中華から九州北部西部(菜畑など)へ最初に来たことを想像できるとも斎藤は書いている。おそらく朝鮮からはそれ以外のどこか・・・たとえばMT遺伝子的に朝鮮系が多く出る福岡東部の遠賀川周辺?に入ったか?



本の名前は次回書きます。

つまり次回から日本人起源。


5831f01b


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村