いったいこれから、職を失った人たちの何百人が死に、何人が生き残るか、世界の単位でなら、何百万人がコロナではなく自殺し、何百人が生き残れるだろう・・・それに比べたら、野球ができないとか、競技ができないとか、勉強が遅れたとか、オリンピックがなくなるかも知れないなんか、なんとささいなことなんだろう・・・って、君たち、考えてみたまえ。

そんなことは死ぬことに比べたら小さい小さいことなんだって気が付くべきだろう?

 人生は長い。災害もあれば災厄もある。誰かを傷つけたわけじゃない。ちょっと運が悪かっただけじゃないか。人々はこれからこそ自殺へ向かう。どうやって救う?どうやって助ける?君がやりたかった高校野球や部活動と、いったいどっちが大変かを、考えたまえ。それが君を大人にする。そうやって人は成長する。

喪失は宝だ。しかし君らは職を失うわけではない。

人生の宝だからね。
なくしたもので君は強くなる。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村