sakura7



世界史では常に歴史は略奪暴行放火殺人が起きてきたと、高校では教えられたものだ。
現代では、これに詐欺、薬物依存、そして宗教依存が同時に起こる。
それがこれから起こる本当の緊急事態である。
ならば今はまだ緊急事態ではないということになる。
しかしその直前に来ていると言える。

感染症事変の今は、ここにさらに医療崩壊、経済破綻、流通崩壊、ロックダウンなどなど近代人類が築き上げてきたすべての崩壊が起こるだろう。

首を切られるのは、食品販売や運搬業以外のすべての企業に及び、彼らは飢えて、しかたなく泥棒、詐欺、押し込み、略奪に走ることとなる。狙われるのは年金給付を受けている高額取得老人、店舗、銀行などであろう。その銀行もまた倒産の危機を迎えているのである。

最悪は政府国家の倒壊で、そうなると年金や生活保護すら停止されてしまう。

若者には経験がなく、これらに耐えられる忍耐力があるとは思えない。当然大半は自殺となる。少子化も当然進む。明日への展望が消えうせるからだ。生まれてきても生活のみこみのない世界では生きられるはずがない。

新薬ができないかぎり。

そのアビガンなどの新薬も、成長し変異するこのウイルスの前には、果たして万能かどうかすら危ぶまれる始末。人類が完全にこの新型変異ウイルスの複数型に打ち勝つまでに、おそらくあと10年かかるのではないか?

このウイルスは、映画のエイリアンのように、人種によって自分を適応させ、骨格の大きな肉食人種にはL型、アジア魚食人種にはS型と、変異成長できる。今後さらに民族に合わせた新種が生まれてゆくのではないか。そうなると撲滅は不可能かもしれない。


オリンピックや各種催事、行事のすべては消えてしまうだろう。できないのだ。医者も病院も崩壊し、あっというまに中世・・・いや古代、原始時代にまで転落することになるはずだ。志村けんを殺したウイルスの急速な進展同様、それこそあっという間に日本も先進諸国も3等国に転落してしまうだろう。

生き残りをかけた戦いは、これからこそ開始される。人類滅亡をかけた戦いになる。

あなたにそこまでの想像力があるか?それほどの危機感があるか?歴史を観ているものには、容易にそこまで想像できる。それが歴史である。


人類を食いつくした後、ウイルスは動物、植物にまで感染域を広げるだろう。地球の生命体全滅もありえぬ話ではない。


あなたはもう死を覚悟していますか?耐えられますか?今の日本の状態は序の口なんですよ?遺書は書きましたか?コビット19はそうささやいている。私は夜な夜なそういう夢を見る。



このウイルスは攻撃をかてにして成長する。そして食いつくす。あらゆる社会性を断ち切り、ヒューマン・ボンデージ=絆という人類最大の武器を断ち切ってしまう。社会はもう成り立たなくなり、文明は滅びる。絶望がもうすぐそこに迫っている。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村




これを大げさだ、こけおどしだと思うあなたは、あの大津波の前に立ち話していて波にのまれた人たちと同じである。安易、安心、見て見ぬ行為、祈るだけの人から先にウイルスはおとづれる。これは自然の摂理が人類滅亡のアイテムとして生み出したリーサルウェポン=最終兵器だ。