2018年03月

全人類の幸福とか、できもしないことを外国人は言ったりしない。個人主義が基本だからだ。ところが日本人だけがそういうできもしないことを願うとか言ったりする人こそが素晴らしい善人だと言われる。全体主義だからだ。全人類の幸福は、裏目に出たときには全世界の征服 ...

エゴマエゴマは現代日本人には馴染みが薄い植物で、よく胡麻、あるいは姿かたちからシソと混同されたり、完全に入れ替わってしまった商品もある。そしてその日本での復活が、主として韓国料理の素材としてが大きかったために、エゴマが韓国、朝鮮半島独特の植物だと勘違 ...

全国に一の宮が建てられている。ほぼ一国につき一社が当然。ところがそれが二社もある例外がある。今の大分県、豊後国である。ここには西寒多神社(ささむた・じんじゃ)という「本音一の宮」と柞原八幡宮という武士の「建前一の宮」のふたつがある。寒田川(そうだがわ)と ...

"Nessuno dovrebbe uscire"(イタリア語) 「誰も外へ出てはならない」”Nessun dorma”は、ジャコモ・プッチーニ作曲の歌劇”Turandot”(トゥーランドット)(伊:Turandot)のアリア。テノールのための名アリアとして有名であるが・・・Nessun dormaをちゃんとした日常 ...

玉響現象(オーブ現象)「玉響現象(たまゆらげんしょう)とは、主に写真などに映り込む、小さな水滴の様な光球である。肉眼では見えず写真でのみ確認される。科学的にはフラッシュ光の空気中の微粒子による後方散乱が写り込んだものと解釈されるが、心霊的観点から解釈 ...

放送大学の早咲きのソメイヨシノのつぼみいよいよ花見シーズンだというのにいきなり水をさすような話で恐縮だが、日本花の会HPによると、長くサクラの代表で、日本人が最も愛してきたソメイヨシノの苗木の販売が、病害虫予防のために中止になっているというショッキング ...

■神器の記録はない。それは璽。しかも二種。『日本書紀』●允恭天皇元年十二月の条、「是に、群臣、大きに喜びて、即日に、天皇の璽付(みしるし)を捧げて、再拝みてうえる」。●清寧天皇前記十二月の条、「大伴室屋大連、臣・連等を率て、璽(しるし)を皇太子に奉る ...

アメノヒボコとツヌガアラシト、そしてその妻であるアカルヒメの渡来ルートや相関関係は、これまでも渡来を考えるうえで重要として、筆者は何度か記事にしてきた。あるいは著書にもいくらか書いたりもした。天日矛=製鉄渡来の象徴都怒我阿羅斯等=製鉄渡来の象徴阿加流 ...

道教は中国の思想。漢代以前の太古から民間にあった信仰に黄老思想などが混ざり合いつつ分派していった。黄とは黄帝、老とは老子。「道(タオ)」の追求と神仙思想を中心とする。「黄老思想(こうろうしそう)は、中国、戦国時代から漢代初期にかけて流行した道家の一学派 ...

関西では魚と言えばフグであるが、東京では鯛である。その流行も近畿の鮮魚業者によっている。奈良大和郡山から出てきた大和屋助五郎が明石の鯛の名声で好まれていた鯛を江戸でも水揚げし、森一族にとってかわって江戸城へ納めたことが始まりである。大和郡山と言えば今 ...

↑このページのトップヘ