2018年01月

時代別地域別、石棺様式の変遷と石材比較表石槨・石室様式の変化と地域比較とその石材比較表参考文献 島津光夫『日本の石の文化』2007 ...

ブードゥー 英: Voodoo、仏: Vaudou、海: Vodou原語は現在のダナンに17世紀頃からあったダホメ王国の「精霊」「神々」というフォン語のヴォドゥン(Vodun)。カリブ、南米、北米へはハイチへの奴隷売買で広がった。だからブードゥーの故郷は西アフリカ一帯である。●ヴ ...

老子の「道」を理解するために過去記事を再掲載する。ストロースが象徴的に用いたパンセ(Pensées仏)(野生種三色すみれ、英・パンジー)誰の目にも、確かにパンジーの花は、まるで人間が物思いや思考している顔つきに見えてしまうという造形の不思議さがある。老いた哲学 ...

原文有物混成、先天地生。寂兮寞兮、獨立不改、周行而不殆。可以爲天下母。吾不知其名、字之曰道。強爲之名曰大。大曰逝、逝曰遠、遠曰反。故道大、天大、地大、王亦大。域中有四大、而王居其一。人法地、地法天、天法道、道法自然。訳文物有り混成し、天地に先んじて生 ...

オーストラリア原住民の原始民俗信仰を現地語でジュクルパ(創生神話)と言う。西欧学者はこの夢想行為を、平易な英語でドリームタイムとかドリーミングで簡単に済ませている。ワワラグ姉妹という創造主がある。また祖霊であるワンジナという精霊がある。ワワラグ(ウウワラ ...

長年、若い頃京都で夜中に見た涙型の火の玉落下についてわからないで生きてきた。しかし最近やっとそれが火球だったとわかった。隕石などが成層圏を抜けるときに燃えて落ちてくる現象だったらしい。学生時代に金縛りにあった。京都の月の輪という場所である。友人のアパ ...

カバラ Cabbala カッバーラともユダヤ教神秘主義(オカルティズム)の用語 カバラ奥義とされる生命樹カバラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)、カバラーとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。独特の宇宙観を ...

ウイッチ・クラフト witchcraft魔女の魔術キリスト教と中世社会が、ともに「不都合の排除」のために創作したペテンの結果が魔女である。男性中心の社会、キリスト教教化世界にとって、1結婚しない 2子供を産まない、 3通念と異なるラジカルな生き方を選ぶ、 4異 ...

最近、筆者がオカルト分析に用いているのがこれ。スーザン・グリーンウッド 2015老子道徳経の翻訳と解説書はこれワイド版岩波文庫『老子』蜂屋邦夫注釈 2012災害史はこれ『災害と復興の中世史―ヨーロッパの人びとは惨禍をいかに生き延びたか』 フーケー,ゲルハルト、 ...

「道可道、非常道。名可名、非常名」(『老子』第一章冒頭)直訳訓読;道の道とすべきは常の道に非ず。名の名とすべきは、常の名に非ず。『老子』は老聃(ろう・たん)が説いたとされる「道」理論である。まずこの冒頭の一文からもう難解で、では先を読み進めばいずれ解ける ...

↑このページのトップヘ