2010年05月

これは弥生墓である方形周溝墓を調査しておられる埼玉県埋蔵文化財調査事業団調査員の福田聖が小島敦子・利根川章彦らの試論をわかりやすく焼きなおした論考である。福田は福岡県生まれ。早稲田大学東洋文化卒。方形周溝墓は北部九州から近畿、東海東国にまで広く分布するが ...

HP「A Magical Mystery Collection 渡来と海人」フォトアルバム ビデオクリップブログ 復活版!かわかつワールド 民族学伝承ひろいあげ辞典 全訳『古事記』  かわかつの眼 Kawakatu’s eyeかわかつへのアクセスはHP「画像が送れる掲示板」の最下段に ...

 アマチュア研究家が古代史最大の謎に迫る「第6回全日本邪馬台国論争大会」(大分県宇佐市観光協会など主催)を前に、このほど、同市の宇佐神宮上宮本殿前広場で、ミニ独立国「新邪馬台国」の高橋宜宏(よしひろ)総裁(同市議)らが会見し、弁論者を発表した。大会では、 ...

相谷熊原遺跡mainiti■土偶 国内最古級1体出土 滋賀の相谷熊原遺跡で 滋賀県文化財保護協会は29日、同県東近江市永源寺相谷町の相谷熊原(あいだにくまはら)遺跡で、縄文時代草創期(約1万3000年前)の竪穴住居跡5棟が見つかり、国内最古級の土偶1体が完全 ...

「奈良県明日香村の地名である島庄(しまのしょう)は、もと東大寺の荘園である。しかしそれ以前、ここには「島の大臣」と呼ばれたある人物の邸宅があった。島の大臣(しまの・おおみ)と呼ばれた人物とは蘇我馬子のことである。今の石舞台古墳公園の周辺がちょうど島庄にあ ...

■「前方後円墳=蓬莱思想起源」岡本健一墳墓に表現されてきた中国神仙思想の蓬莱伝承。これがやがて奈良~平安~室町時代にかけて、造れなくなった巨大墳墓に変わって庭園、水園、そして枯山水へと変化してゆく。これを「苑池(えんち)」と岡本は呼んでいる。飛鳥時代には ...

■墳墓とジェンダー論岡本健一らが主張する前方後円墳=壷壷=蓬莱山説にわれ物申す。岡本健一たちは前方後円墳の起源を中国神仙思想の蓬莱思想に求め、形状としては山、あるいは壷から始まると考察している(『第十回春日井シンポジウム 東海学と日本文化』岡本健一「前方 ...

With2ブログランキングへ凡例愛知の地名は『地名用語辞典』によれば「年魚市」から来たとされている。しかし三鬼清一郎編『愛知県の歴史』によると諸説あり、1 年魚市潟説・・・『尾張国?風土記』(本文にどこの風土記かの説明がない)の俗謡から来た        ...

そんなものが古代史となんの関係があるのかとお考えになられるかも知れないが、まあコネタながらも、「風の声をお聞きなさい」。日本列島の本格的幹線整備はもちろん戦後から本格化したが、それ以前、戦時中に作られた交通網も地方には相当数存在したことは、筆者以上の年齢の ...

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へWith2ブログランキングへhttps://blog.with2.net/in.php?686171考古学学界に発表される論文などに用いられる証拠品である遺物にはちゃんとランクがあるという。使われる遺物はまず第一次的遺物だけなのだそうである。(春日 ...

↑このページのトップヘ