2008年10月

読売新聞西部支社大王と海「大王のひつぎ実験航海」全記事へのリンク大王のひつぎ」実験航海 トップページ http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/daiou/大王航海シンポ「歴史に挑む」トップページ http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/daiou/sympo/da_sy_06051001.htm「 ...

系図はWikiから。ひこやいみこと と かむ(ん)やいみみみことこの系図で見る限り、神武直系子孫には大きく二種があって、ひとつは薩摩・大隅の隼人らしき「海系譜」の人である吾平津姫(あいら・つ・ひめ)の皇子であるタギシミミ。ひとつはヒメタタライスズヒメとい ...

倭五王から継体を経て欽明、欽明から天智を経て大和朝廷成立までのあらまし疑問1 河内王朝と継体摂津王家につながりはあるのか?疑問2 今城塚の三つの石棺の被葬者はどれが誰だったか?疑問3 その被葬者を学者は二人の妻だとするが、それでいいのか?二人の息子では? ...

動画公開 http://zoome.jp/hgnicolssutu/diary/5/高槻市の今城塚古墳整備事業の一環として、現在プロジェクトが進行中であるが、今城塚古墳の北側に、「今城塚史跡公園ミュージアム及び古代展示館」が建設中である。高槻市教育委員会は展示用レプリカとして、阿蘇ピンク石石 ...

この記事はかわかつワールドからの転載、記事移動です。見なくてもいいです。日本の首狩り研究のパイオニアと言えば鳥越憲三郎だろうか。それより前から、この研究は中国本国でもなされている。また工藤隆も調査報告書をまとめている。下の画像は気の弱いかた、心臓の弱いか ...

3 パットン「儀礼的狩猟」「通過儀礼」「儀礼的首狩り」の総称ボントック族の若者は7,8歳でムラ集団を抜けだし小屋に隔離されアトという集団生活を行う。いわゆるボーイスカウト。伝統と祭祀、呪、生活を古老から習うためである。そして通過儀礼としてのパットンにも参 ...

フィリピン・マウンテン州ボントックの一族には、過去の日本人風習と類似したいくつかの特殊儀礼がある。例えば儀礼的狩猟の中に見られる遠吠えと儀礼的首狩りなどである。2 ワリット 辟病儀礼ボントック族には出産儀礼はなく、あるのはヘソの緒切断儀礼だけ。しかし難産 ...

フィリピン・マウンテン州ボントックの一族には、過去の日本人風習と類似したいくつかの特殊儀礼がある。例えば儀礼的狩猟の中に見られる遠吠えと儀礼的首狩りなどである。いくつかに分化して考察する。1 サンフォ 動物供犠ボントック族の供犠に最も用いられる動物はブタ ...

銀鏡神社の大祭として12月14日、15日に催される。主神である懐良(かねなが)親王、大山祇神(おおやまつみのかみ)、石長姫(いわながひめ)のほか、各地の摂社から多くの神々が集う厳粛な舞いが特徴親王を祭るのは全国的に職能民、狩猟民、漂泊民に多く、「貴種流出 ...

阿蘇ピンク石研究と分析に関する、もっとも信憑性が高く、もっとも楽しめそうな創造的、独創的見解のかずかずへのリンク一覧です。必ずなにかに役立てて下さい。それが唯一の願いです。それがこのブログの役目です。そして捨て石としてのかわかつの本意です。私を忘れないで ...

↑このページのトップヘ