2008年06月

地名を名乗る氏族は山ほどある。それは時代によってさまざまである。例えば同じ熊本の菊池氏も中世の武士であるが、その出自は熊本ではないし、まして古代のキクチヒコともまったく無縁であるのと同じで、蒲池氏にも三種類ほどの伝承と説が存在する。●多氏の子孫説は、阿蘇 ...

熊本県北中部、菊池川沿線には7世紀以降の装飾横穴古墳群が散在している。その中のひとつに玉名市石貫ナギノ横穴古墳群がある。その画像。多用される装飾は円文を中心とする顔料壁画である。熊本市よりも西南部で展開されたレリーフと着色による靫部たちの横穴古墳とは、若 ...

長野県諏訪盆地の祭祀形態である「ミシャグジー」について、いくつかの説では「石神」=シャクジンの音韻変化をあげている。諏訪湖の周囲には7つの巨石の点在が確認されており、先土器、縄文からの原始信仰ではなかったかと考えられているようだ。このシャクジン信仰は東日 ...

『疋石野大明神由来』http://koueki.net/narita/061/097/narita609654.html疋石野という表記がどうやら正しい元の社名であろうから、これは菊池川産阿蘇凝灰岩を切り出して引いたという意味になるだろう。そして波=に船で大和に運んだ祈念の神社だと言える。従って祭祀がこ ...

http://www.hikino-jinja.jp/疋野神社リーフレットより編集引用 ○「疋野神社は2000年の歴史を持つ肥後の国の古名社で」「疋野神社の創立は景行天皇築紫御巡幸の時より古いと伝えられ2000年の歴史を持つ肥後の国の古名社です。」●2000年以上の歴史を持つ神社という表現 ...

日下部氏について「新撰姓氏録」は『阿多御手犬養同祖 火闌降命之後也』と記述し、あたかも在地氏族のように書くが、日下部はあくまで倭五王雄略時代の役職名である。ただしその役職名の始まりが大和のくさかえや肥後の草部だった可能性は今後追求されるべき。豊後国風土記 ...

筑紫の水沼君 つくしのみぬまのきみ「旧事本記」に「水間君の祖、物部阿遅古連あじこのむらじ」とある。日本書紀には 『即ち日神の生(あ)れませる三(みはしら)の女神(ひめかみ)を以ては、葦原中國の宇佐嶋に隆(あまくだ)り居(ま)さしむ。今、海の北の道の中に在 ...

火中君 ひのなかのきみ欽明紀17年 「治世17年春1月、百済王子の恵が帰国を願い出た。よって多くの武器、良馬の他、色々な物を賜わり、多くの人々がそれを感嘆した。阿部臣、佐伯連、播磨直を遣わして、筑紫国の軍船を率い、護衛して国に送りとどけさせた。別に筑紫火 ...

日置氏 へぎ・うじ熊本県玉名郡の郡領(郡司クラス)の氏族名。1994年菊水町瀬川鶯原発見の銅板墓誌に「玉名郡人権擬少領外少初位下日置○公」とある。8世紀後半の墓。日置郡公。『到津文書』にも玉名郡の日置氏の名前がある。日置は地名、郡公は役名なので実際の氏姓 ...

木斤資・木満到(もくらこんし・もくらまんち)●神功皇后紀62年(382年?)倭の沙至比跪(さちひこ)が北加羅を蹂躙して新羅を利する行為に走ったので、百済の木斤資がこれを駆逐し王政復古した。●応神天皇紀25年(414?)の『百済紀』引用文 木斤資が ...

↑このページのトップヘ