2007年11月

かわかつワールド! 阿蘇紀行5,6が更新されました。http://white.ap.teacup.com/kawakatublog/76.html阿蘇の君と火の君はどこで出会うのでしょうか?いよいよ熊襲の本拠地へ向かいます。 ...

かわかつワールドに阿蘇紀行4 外輪山に鉱脈はあったか?がアップされました。http://white.ap.teacup.com/kawakatublog/75.html ...

火の君のあとに熊本中央部を牛耳ったのが阿蘇氏である。阿蘇氏と火の君は神武から生まれた兄弟とされる。その意味はなにか?阿蘇氏と多氏の関係は?これからのかわかつワールドの、もうひとつの宿題。 ...

熊本県宇土市、氷川の岸辺にある鴨分の古墳?鴨籠古墳の石棺には江田船山など筑後地方に近い有明北部八女周辺とおなじ直弧紋が刻まれている。これはなにを象ったデザインだろうか?松本清張は鏡を割っ ...

美しきピンク。母の愛がそこにある。二人は並んで埋葬されていた。守屋との勢力争いで竹田はあえなく矢に倒れたのだろうか?「かしぎや姫と竹田皇子のなきがらを大野の御廟に移し奉る」日本書紀は簡単 ...

『大王家の柩』(私家所蔵本)よりたてが年代。上から順に新しい年代へ。ピンク石が集中するのは河内、大和、摂津で、それは継体大王以降。推古と竹田皇子の植山古墳だけが奈良時代となる。なぜ推古は ...

『大王のひつぎ海をゆく』および『大王家の柩』より(いずれも私家所蔵本) ...

読売新聞西部本部大王のひつぎ実験航海実行委員会編『大王のひつぎ海をゆく 謎に挑んだ古代船』より転写。 ...

「播磨は「石棺の国」といわれるが、東部の加古川河口域には阿蘇ピンク石の時期を除いて「大王家のひつぎ」となった竜山石(たつやまいし)の産地があり、竜山石石棺があふれているからだ。・・・牛窓をふくめ西の吉備には竜山石棺が多くはいっているのに、ここ(兵庫県たつ ...

↑このページのトップヘ