2006年03月

海南島には黎(り)族と苗族の二種族が多くおり、苗族はもともと明代にここに警護のために置かれたヤオ族軍隊の子孫である。二種族共に犬祖伝説を持ち、黎族のものは「皇帝の娘の足のおできを黒犬がなめて命をすくい、その息子がやがて犬を父と知らず年老いて殺し、葬る。そ ...

射日神話に関しては以下のサイトが最も詳しく、優秀である。照覧されたし。http://www.me ...

http://esperanto.china.org.cn/ri-shaoshu/yao.htmhttp://www.asia-photo.net/yunnan/minzu/yaozu/yao.htmlhttp://www.mekong.ne.jp/directory/culture/legend03.htm 大林太良氏『神話学入門』「中国の皇帝パンは、長年にわたってカオ王と争っていたが、ついに従えることが ...

まず前掲記事に現れた会稽はどこにあるのかを分析しよう。会稽は現在の淅江省~江蘇省にかけた地域にあった。会稽の地名は春秋時代の呉越の戦いで著名な会稽山からつけられた地域名である。会稽山そのものは現在、紹興酒で名高い淅江省紹興県の郊外にある。『華南文化史研究 ...

チベットでは始祖は一般に猿と岩の魔女との婚姻で生まれたと言われる。それは六匹の猿で、場合によっては六人の小人となることもある。これが人間に変身してチベット族になったと言われている。中国ではこうした猿始祖伝承を持つ種族を一括して「獣扁に彌猴」(びこう)と呼 ...

殷の始祖伝説『史記』・・・「殷の始祖契(せつ)の母を簡狄(かんてき)といい、古帝高辛氏の二番目の妃である。ある時、水浴びをしていると、玄鳥(黒い燕)が卵を落とした。簡狄はこれをとって呑み身ごもった。生まれたのが契である」『王子年拾遺記』晋代の史書・・・「 ...

ヤオ族の一派にマン・ラテンがある。彼らの女性は尾のついた長いコートを着ていたという。ヤオ族は五色の刺繍をほどこした民族衣装を着る。その模様は犬模様が多い。ベトナム北部にいるマン・ティアン族の伝説・・・「皇帝の娘が犬と交わり生んだ男女の双子は、はじめ人間の ...

「昔、帝(中略、文字がないし読めない帝名がここに入っている)、高辛氏の世に中国は犬戎に苦しめられた。そこで帝は、臣民に呼びかけ、犬戎の将、呉将軍の首をとってきた者には莫大な黄金と萬家の国邑を与え、美人の王女を妻として授けようと約束した。ところが、帝には五 ...

「昔神がナガ人に文字を身体の一部に書き付けるように教えたが、一匹の犬がやって来て、文字の書かれた皮膚を食ってしまった。それ以来文字は失われた。」ナガ族は現在、インドの一州を与えられそこはナガランドと言う。しかし、民族的には吐蕃の一族であり、犬戎とは同族と ...

↑このページのトップヘ