「かしわで」とは拍手の扁が勘違いで誤ったために言うようになったという説がある。
神式葬儀の際は拍手の音をさせない。これを忍び手と言う。