主な神社神殿建築を紹介しておく。

権現造り・・・飛雲郭のような造り。岡山県の吉備津彦神社、大分日田市の大原八幡宮、日光東照宮などがこれ。
八幡造り・・・神殿と拝殿が前後に並び、間を金の樋でつないだもの。宇佐八幡宮。

春日造り・・・切り妻造りで、妻入り(家で言えば屋根が切れている方向)正面に向拝(こうはい。要するに玄関)がある。春日大社。

神明造り・・・春日の逆に「玄関」が横にあり(切り妻平入りという)、千木が屋根から大きく突き出るもの。伊勢神宮。

流れ造り・・・切り妻平入で向拝の屋根がなく、神社自体の屋根を伸ばして兼ねる形式。一般的。

大社造り・・・出雲大社。切り妻妻入り。高床。屋根に反り。千木が直線的。祭神が西を向き、配神が南向き。

住吉造り・・・切り妻妻入り。中が前後2室ある。2K。住吉大社。

浅間造り・・・富士山浅間神社のみの様式。二階建て。

日吉造り・・・聖帝造りとも言い、日枝神社独自。千木がなく、左右にゆるやかなひさしががある。