~1.5世紀 天皇・王統なし 漢倭奴国王後漢の光武帝から金印を授かる。倭国王・帥升が後漢に朝貢

~3世紀    天皇・王統なし 唯一、女王・卑弥呼が魏に朝貢。その後倭女王・壱与が西晋に朝貢。狗奴国との九州二朝並立時代。物部氏、尾張氏、中臣氏、大伴氏とともに出雲を平定し日本海共和圏を確率し、大和盆地に入る。第二次邪馬台国成立。

4世紀~5世紀     新羅から来たホムタワケ大王、邪馬台国と狗奴国を破り倭王讃と中国に記録される。以後、珍、済、興、武の五代が新羅政権として存続。倭王武初めて近畿にいたり地方政権出雲日本海を平定し鉄の文化によって銅剣・銅鐸文化を押し込め、邪馬台国本拠が移動していた大和盆地をにらむ河内に王権確立。その後、物部氏・葛城氏という大和連合を懐柔し、上奏文を宋へ送り、安東大将軍になる。これによって倭王の時代が確立した。その後、子供の武烈に後継者生まれず。

6世紀        物部氏・大伴氏、中臣氏ら旧勢力による百済協力体制の中から継体大王擁立。(百済系?新羅系?)継体死後、欽明、安閑・宣化の新羅系、百済系二朝並立?

7世紀          蘇我氏による新羅系王朝が国政を牛耳る。645年の乙巳の変で政権逆転。天智の百済系政権。しかし天智の白村江での大失敗で天武台頭。藤原不比等による女帝傀儡政権の新羅・百済中庸時代が始まる。失われた百済王権の百済王氏が枚方に入る。実質、百済王権がヤマトに再生される。(百済の倭国移転とも言える)

以後、ことあるごとに親新羅政権と百済系天皇家との間で対立と融和の繰り返し。現在に至る。

なお日本書紀の神武~仲哀までの天皇は創作あるいは地方における小国王の話をふくらませたもの。あるいは百済での出来事を焼き直した。あるいは九州、大和などの統一伝説を焼き直した。などなど。したがってこれらの人物は「天皇」とは言えないだろう。日本最初の統一王権は応神、あるいは仁徳の河内王朝からであろう。天皇自称は天武、あるいは持統から。ただし天武は応神直系の新羅系の可能性があるから、実際には持統女帝からが天皇制の始まりだろうか?これで、時代的には無理なくすべて埋められる。神話の時代の矛盾はすべて作られたもので、聖徳太子は九州王権の伝説的人物を大和にあてはめた創作。

なお、題名に「介錯」を使ったのは、これにて一件落着という意味合いを含ませた洒落である。本当は解釈が正しいのは言うまでもない。