お;おわりのむらじ 尾張連

愛知県尾張地方を治めた国司氏族。
元は和歌山県熊野の水銀氏族を束ねる「倉の管理者」と言う意味を持った高倉下命(たかくらじのみこと)の子孫で、剣、武器の管理者。熊野の海人族の長でもある。
神武東征のさい、一行が熊野のクマの霊魂にやられて気を失ったとき、呪力を払う剣を貸し与え一行を助けた。その功績により連の位を賜る。
熱田神宮の祭祀者として三種の神器のひとつであるスサノオが八岐大蛇の尾から取り出した神剣・草薙の剣を管理し、ヤマトタケルの神霊を鎮護する。

愛知、熊野の前には九州熊本南部~鹿児島地方の原住民・隼人あるいは熊襲の管理者で、日下部・隼人・クマ人を大和や愛知に連行。配下においたと考えられ、尾張の東、知多半島や西尾、矢作川沿岸には隼人の神社ができてゆく。
隼人の船を使った貿易者でもあり、その力は日本海側の若狭や新潟にも及ぶ。日下部の管理者、日下部氏=阿蘇・筑後・筑前・豊後の肥君系多氏ともえにしを結び、古志の継体大王に娘(尾張目子姫)を嫁がせている。

大和では最初、物部氏あるいは大伴氏とも手を結ぶ同族であったが、神武に組したように書かれる。
若狭の海部氏ともえにし。

従って、景行天皇とヤマトタケル伝承をこの尾張氏あるいは肥君・・・つまり阿蘇から拡大した多連一族と同族、あるいは同士となってもう一方の江南+百済系王家と手を組んだ天皇家の有力者と言える。

かわかつ