620d9a29.jpg

d59893aa.jpg

692fa909.jpg

536789ff.jpg



玄旨帰命壇(げんしきみょうだん)
比叡山の常行三昧堂の本尊である摩多羅神を祀って修する一種の口伝灌頂といわれる。
のちに淫に走りカルト化。
本来は「玄旨檀」と「帰命檀」を合わせたもので、
「玄旨檀とは、一心三観の深旨を口伝面授する玄旨灌頂であり、法華の法水を授者の頭頂部にそそぐ儀式である。帰命檀とは、衆生の命の根源は天台の理である一念三千にあるとして、それを実現する儀式である。」
Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E6%97%A8%E5%B8%B0%E5%91%BD%E5%A3%87


摩多羅神(またら・しん、あるいは摩怛利神:またりしん)は、天台宗、特に玄旨帰命壇における本尊.
阿弥陀経および念仏の守護神ともされるがその本性は芸能の来訪神だという。(山本ひろ子)

「『渓嵐拾葉集』第39「常行堂摩多羅神の事」に記されるように、摩多羅神は円珍が唐から帰国する際に感得して、常行堂に勧請したと伝えられる。しかし実際は、摩多羅神は平安時代から鎌倉時代にかけて成立した玄旨帰命壇の本尊として成立したものと考えられている。」
Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E6%97%A8%E5%B8%B0%E5%91%BD%E5%A3%87

「江戸時代までは、天台宗における灌頂の際に祀られていた。民間信仰においては、大黒天(マハーカーラ)などと習合し、福徳神とされることもある。また一説には、広隆寺の牛祭の祭神は、源信僧都が念仏の守護神としてこの神を勧請して祀ったとされ、東寺の夜叉神もこの摩多羅神であるともいわれる。」
Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%A9%E5%A4%9A%E7%BE%85%E7%A5%9E

*毛越寺摩多羅神秘教『常行三昧御本地供』(二十日夜祭)
舞いや祝詞の教則的祭祀?
*日光山「延年舞」(えんねんのまい)
いずれも叡山から伝わるが叡山自身は早くにこの祭祀を失い、この二ヶ所のみが存続し今に残る。特に岩手県平泉の毛越寺は唯一ほぼ当時のままのほとんどの内容を伝えている。
*多武峰修生会「摩多羅神拍子」

要するに「作神」(さくしん=農作の神)であり「漂泊芸能の神」か?
二人の童子とは広隆寺牛祭りでは赤青の鬼であるから、どちらも鬼神であろう。それを従えて「三尊」の中心者である摩多羅神は申楽の祖である秦河勝の姿を映したものか。半島的漂泊芸能であるくぐつも仮面劇で、秦の民のよりどころなのだろうか。不明。


写真は日光山輪王寺に伝わる「摩多羅神二童子図」と
毛越寺の二十日夜祭での摩多羅神(鼻の高い面の人物)の舞い
別冊太陽『祭礼 神と人の饗宴』より 2006


クリッククリクリ!↓

↓       ↓          ↓        ↓
With2ブログランキングへ