かのウイキペディアでさえ掲載がない神であるので、僭越ながら記事にする。

正確には天忍骨命(あめのおしほねの・みこと)
福岡県田川郡香春町の香春神社祭神三柱のうちの一柱。
母神は息長帯姫大目命(おきなが・たらしひ・おおまの・みこと)

母神の名はあきらかに神功皇后から創出された、あるいは逆にこの神が先か?
大目で鉱物を表すから、おそらく香春岳の鉱物を指す修験・鉱物の名。
忍骨はちょうど記紀の天孫降臨神話で出てくるニニギノミコトの父親である天忍穂耳命(あめのおしほみみの・みこと)に非常に音読が似る。

「骨」から、香春岳に産出する竜骨・・・海生動物(貝類・サンゴなど)のカルシウムを思わせる、事実、かつて香春岳には竜の骨・・・恐竜の骨?が出るとされ、骨成分も含まれるか?かつては銅山があったが、現在はほとんどが石灰に。

対面する九州修験の本山である英彦山(ひこさん・かつては彦山表記だったが、皇室から名誉の称号「英」を頂戴)の祭神が天忍穂耳命であるので、こっちは記紀成立後の神を置いたと考えられるが、この一帯が修験道の聖地であることから、おそらくこの神は修験者が創作した香春岳の神。

神功皇后も天忍穂耳も、およそ天孫関係はみな半島渡来を匂わせる。豊前一帯は加耶経由の秦氏が入ったところで「秦王国」の一角であろうから、修験そのものも半島南部から来たものと考えられ、神功皇后もここから生まれたのであろう。それは宇佐に八幡神=応神天皇が置かれる前の話である。

応神天皇の河内王朝が半島から来たことを隠すために、つなぐ役目の母神・神功皇后を、在地の女神から創作したことは十二分に考えられる。

ちなみに香春岳のもうひと柱の神は豊比売神。豊は地域名で玄界灘の海人が好む地名である。
51374af7.jpg

牛斬山銅山間歩(坑道)跡
d97fb918.jpg

香春長光家清涼殿跡
93cae985.jpg

ツヌガアラシとを祭る現人神社
5f58951c.jpg

香春神社社伝
8b64c0d3.jpg

香春神社
b1aa4b80.jpg

香春採銅所にある古宮八幡神社


面白いと思ったらクリックよろしく!↓
If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログへ(文字をクリック)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ(文字をクリック)
With2ブログランキング歴史へ https://blog.with2.net/in.php?686171
ブログ王歴史へhttp://www.doramix.com/rank/vote.php?id=46384/ランキングはこちらをクリック!



ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kawakatu他のサイトへのリンク
●Kawakatu’sHP マジカルミステリーコレクション渡来と海人
●Kawakatu’s世界史・日本史同時代年表 
  http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/doujidainenpyou.html
●推理推測ブログ復活版!かわかつワールド 
●総合ブログ かわかつの眼 
         http://blogs.yahoo.co.jp/hgnicolboy
●BBS     http://8912.teacup.com/kawakatu/bbs
●全訳古事記  http://orange.ap.teacup.com/tasogaresakaba/
●アルバム   http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/fotalbum.html
●ビデオ・クリップ http://zoome.jp/hgnicolssutu/movie_list/