日本の修験道の始まりは、記録からも地理的条件からも九州東部、つまり豊前地方からであろうかと思える。最古の記録では記紀用明二年(587)、豊前宇佐出身の「豊国法師」が朝廷に突然現れる。この「法師」という言葉が、いわゆる今で言う仏僧などではなく「行者」「修行者」であろうかと考えられる。と言うのは厳密に、仏教の戒律が正式に朝廷に入り、国家が僧侶に免許を与えるようになる時代は、随分あとのことになるからであろう。つまり豊国法師は優婆塞(うばそく)=在家修験者なのだろう。

ちなみに優婆塞とは
「梵語ウパーサカ (upāsaka) の音写。 男性の在家の信者。 四衆の一。」だとある。

もっともこう書くと大阪葛城山の役行者(えんのぎょうじゃ)は修験の開祖ではないのか?と強い批判が出るかもしれない。しかし役行者(役小角(えんのおづぬ))が記録されるのは飛鳥時代の700年代で豊国法師に遅れる。しかし確かに「修験者」としての記録は古い。私見では役行者は「葛城修験道の開祖」であり、それは大和地域では開祖である。

役行者

豊国は遠賀川の東・小倉から南を言う。遠賀川東地域は弥生文化が入っても、縄文的生活様式を捨てなかったと考古学者が言う特殊地域である。しかしその遠賀川式土器はその後ずいぶん各地に広がった。つまり人の移動があったようである。4~5世紀には田川郡香春郷に秦氏眷属が大量に入っている。これは辛嶋勝(からしま・かつ)一族などの秦氏が、香春の山にあった石灰岩から竜骨や銅を採取するためであるが、その辛嶋という氏族名からも彼等が朝鮮半島からやってきて、豊前各地に鉱物を求めて峰入りしていったであろう痕跡が、そのまま求菩提山(くぼて・さん)や英彦山(ひこ・さん)、犬鳴山などに修験道道場として残されてきた。
0ff44a99.jpg



要するに豊前田川は日本の修験道の開始された場所だと考えられる。(中野幡能や中沢新一・大和岩雄など多数の研究あり)

田川地名は修験に関わる鷹羽(たかは)が語源であるし、香春と書いて「かわら」と読ませるのも、瓦、焼き物(サンスクリット語でカッバーラと言う)、川原がそこにあったからであろう。田川は筑豊炭田で繁栄した土地柄でもあるが、その前は竜骨や窯業のメッカである。今でもここの特徴は赤いレンガ塀である。実地調査はすでに何十回も行っているが、香春岳の麓にある採銅所(さいどうしょ)では銅鏡が作られた。この氏族も長光(ながみつ)といい秦氏関係者である。





古代から中世は鉱山と修験はリンクしている。
その始まりは田川からだろう。

銅成分を多く含む凝灰岩が非常に多いので、ここからずっと東南の宇佐、国東半島にかけて奇岩が群れており、銅成分がカエデを好むゆえ、風で西の大陸から飛んでくるカエデの種を、この奇岩の隙間に密生させる。それが英彦山山塊の南山麓にある名勝・耶馬溪(やばけい)である。
476f1a9b.jpg




修験道を全国的に伝播したのは秦氏出身で白山開基した泰澄(たいちょう)である。英彦山は善正が開基祈願し、宝満山は心蓮(しんれん)が開いた。各地の修験の山には実在の開山僧以外に、架空の開山者がよく付与されているが、国東六郷満山では開祖は架空の人物である仁聞(にんもん・人聞とも)しか出てこない。仁聞とはなにか?それは大地を作った母神であると中沢新一は解いている。

そういう背景にあったのが、秦氏の修験、すなわち豊国法師だったわけであろう。
この法師がなにをするために大和天皇家に呼ばれたかと言えば、医術(方術)によって用明天皇のやまいを治癒するためなのである。だから修験者は医療の知識があったことになる。

鉱山→登山→怪我をする→薬の開発

という構図は容易に考えられる。
しかし実際には、この構図はもっと複雑。
まず修験道は仏教よりももっと古い道教・・・その前にある天文遁行に始まっている。中国仏教がこれを取り入れたのが密教である。もともと陰陽五行を生む背景のほうが、インドから仏教が来るよりも随分古い。
つまり仏教の薬師信仰の前にはもう山岳修験の医療があった。
加持祈祷の前にすでに悪霊退散があるわけで、悪霊とはとりもなおさず病気なのである。決して怨霊の祟りなどではなく、大元には病原菌などの科学的な原因があることを宗教者はちゃんと知っていた。その点、無知な信者の思い込みなどより、相当に宗教家たちは現実的である。またそうでなければ治療や信仰拡販などできるはずもない。


○○信者はメンタルでもよく、妄想家でもかまわない、いや、むしろその方が都合がよい、しかし信仰を広める側はそんなお人よしではいられるはずがない。冷徹で科学的な人物である必要がある。○○


宇佐神宮や英彦山神宮には八幡神が来る前から男女双体信仰という原始信仰があった。


宇佐南西側の米神山にある佐田の京石メンヒル
23e9c41f.jpg

上段左端の「佐用之神」の御札は宇佐大元山にある陰陽物を神とする道祖神


これが比売神で表される陰陽の極意である。そもそも陰陽の始まりはオスメスの交配にある。これを二進法にしたのが八卦、易である。つまりここにはすでに「国家」的着想がある。陰陽五行とはのちの殖産興業、産めよ増やせよ、繁栄せよの基礎なのだ。わかりますか?



それが国家にたてつく修験道の始まりとなるのである。

次回葛城役行者、一言主と国家の対立の実態へ

面白いと思ったらクリックよろしく!↓
If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログへ(文字をクリック)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ(文字をクリック)
With2ブログランキング歴史へ https://blog.with2.net/in.php?686171
ブログ王歴史へhttp://www.doramix.com/rank/vote.php?id=46384/ランキングはこちらをクリック!



ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kawakatu他のサイトへのリンク
●Kawakatu’sHP マジカルミステリーコレクション渡来と海人
●Kawakatu’s世界史・日本史同時代年表 
  http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/doujidainenpyou.html
●推理推測ブログ復活版!かわかつワールド 
●総合ブログ かわかつの眼 
         http://blogs.yahoo.co.jp/hgnicolboy
●BBS     http://8912.teacup.com/kawakatu/bbs
●全訳古事記  http://orange.ap.teacup.com/tasogaresakaba/
●アルバム   http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/fotalbum.html
●ビデオ・クリップ http://zoome.jp/hgnicolssutu/movie_list/



次回につづく