世界の製鉄発祥の地であるヒッタイトを倒したアッシリア。
青銅器時代は彼等によって終焉し、鉄の時代が始まる。

製鉄技術をヒッタイトは極秘にしていた。それはエジプト王への手紙のやり取りから明白である。
BC8世紀、そこへアッシリアが攻め込み、秘中の秘だった製鉄技術はまたたくまに世界に広がった。そのアッシリア人は遊牧騎馬民族だった。ヒッタイトの強力な戦車部隊に、彼等は改良した大型馬による騎馬戦術で立ち向かい、これを撃破した。エジプトでさえかなわなかったヒッタイトの鉄はついに奪われた。

鉄と馬という最強の武力でアッシリアは世界最大の帝国をメソポタミア、シリア、エジプト、小アジアというオリエント全域に拡大した。
しかしあまりに肥大した帝国を守るために、帝国は外人傭兵を大量に入れる。これが帝国分裂の原因となった。メディア、カルディアなどの新興諸国によってBC607年、ついに帝国は崩壊、そのあとに、半世紀ほどのちペルシアが勃興、アッシリアよりはるかに強大な帝国を築くことになる。これが今のイランの大元である。その構成員はテュルク人という遊牧騎馬民族である。ペルシアは州を設けて知事をおくことで治安を守った。アッシリアの失敗を反面教師にしたのである。

ようするにこのテュルク人たちが騎馬によって中国北方にまで広がり、今のキルギスやウズベキスタン人などになってゆくのだ。中国ではテュルクを「突厥(とっけつ)」と書く。彼等はずいぶんのちにモンゴル帝国の英雄・チンギス・ハーンに敗北するまでユーラシアのステップロードを席巻した。

遊牧騎馬民族は白人、黄色人の祖先である・・・・と考えられ始めている。
両側が混じって中近東人になったのではなく、数万年前、中近東人から分かれて白人や黄色人種になったのだというのが最新の人類学の傾向である。

つまり世界で最も歴史が古い地域がオリエント。


参考文献 吉村作治監修『地上から消えた謎の文明』東京書籍 2001

面白いと思ったらクリックよろしく!↓
If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログへ(文字をクリック)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ(文字をクリック)
With2ブログランキング歴史へ https://blog.with2.net/in.php?686171
ブログ王歴史へhttp://www.doramix.com/rank/vote.php?id=46384/ランキングはこちらをクリック!



ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kawakatu他のサイトへのリンク
●Kawakatu’sHP マジカルミステリーコレクション渡来と海人
●Kawakatu’s世界史・日本史同時代年表 
  http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/doujidainenpyou.html
●推理推測ブログ復活版!かわかつワールド 
●総合ブログ かわかつの眼 
         http://blogs.yahoo.co.jp/hgnicolboy
●BBS     http://8912.teacup.com/kawakatu/bbs
●全訳古事記  http://orange.ap.teacup.com/tasogaresakaba/
●アルバム   http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/fotalbum.html
●ビデオ・クリップ http://zoome.jp/hgnicolssutu/movie_list/