「かわかつの眼」でペシャワール会医師・中村哲氏のことを書いたが、彼が相棒をアルカイダによって失いながら(先日なくなった伊藤さん)、なぜ広漠たるアフガンの不毛の砂漠を24キロ以上にも渡って灌漑水路を切り開いたかは、当然諸氏はご存知のことだろう。

世界のガンとされる中近東でもアフガンとイラクは二大悪環境地帯だ。水がないからかつての畑作地帯はすっかり砂漠化した。それで貧しい。貧しいから病気、不満、争いのメッカになる。だから水を引いて豊かな土地に戻そうと・・・中村の発想は、だから医師の範疇をはみだした。

ところが、ここは人類遺伝子の分岐点でもある。少なくとも遺伝子学者や欧米の考古学者たちは、往古の騎馬遊牧民族国家であったパルティア帝国(イランの前身)があったこの場所で、C3遺伝子が分裂したのだと。ちょっと前ならコーカソイドとモンゴロイド・・・今ではヨーロッパ人とアジア人の分岐点がここにあると。ヨーロッパ人はここからヨルダンに向かって歩き出し、シナイ半島で初めて小麦と出会うのだと。そういう場所なのだ。ということはすでに一万年以上前から、最初のプレ文明は、四大文明などよりもはるかな昔から、ここで始まったのだということになる。なのに人はここを見ないようにしている。歴史学でさえ、日本人と深く関わる文化の派生地であり、それを運んだ遊牧騎馬民族がいたから日本人がその文化を享受できたというのに、それに言及しようとする学者はごくわずかである。今のところ。

現代の公共事業主たちもここには近寄らない。治安が悪いからだ。その治安の悪さを作っている基はじゃあ誰なのだ?先進国が今の恵まれた恩恵を享受するがためにではないか?アフリカと中近東を豊かな土壌にすれば、争いは減るだろう。ならば、これまで日本の国土を開発しつくし、CO2をひりだしてきた開発者は、今後開発できる場所をここに求めたらどうだろうか?

古代史の視点から言うと、公共事業、土木開発の氏族は東海から関東にかけて、代々広がり、その中から平家が、信玄が、信長が、秀吉が、家康が出る。土建屋と海人族によって底辺のモータリゼーションやら土木穴生衆やら、土師氏やらの要するに産業の多くがなぜか東海・関東からぞくぞく生まれたのである。
彼等はみな尾張、伊勢、遠江などから出て行く。出て行く人々がほとんどである。この志向性は遊牧民と海人族だったからではあるまいかと見える(森浩一)。好奇心と勇気が定住を許さなかった人々。これからの開発地域は日本からでて探さねばなるまい。もうこの小さな島国に、必要な開発する土地はなくなったのだ。だから出て行きたまえ、かつてのように新天地を求めて。それがアフガンにあると。

民主党が言う民生協力による貢献とはつまりそういうことであろう。
冒険してくれ。昔のように。自ら進んで劣悪な環境につきすすみ、中村さんのようにがんばってくれ。
それが残されたゼネコン事業になり、世界平和にもなるんだと。
つまり・・・
民間は3000年前と同じ、捨石なのだ。そして民間とはそこにしか生きられないのである。

それがいやなら日本人やめるか?
どうするあんたは。

面白いと思ったらクリックよろしく!↓
If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログへ(文字をクリック)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ(文字をクリック)
With2ブログランキング歴史へ https://blog.with2.net/in.php?686171
ブログ王歴史へhttp://www.doramix.com/rank/vote.php?id=46384/ランキングはこちらをクリック!



ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kawakatu他のサイトへのリンク
●Kawakatu’sHP マジカルミステリーコレクション渡来と海人
●Kawakatu’s世界史・日本史同時代年表 
  http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/doujidainenpyou.html
●推理推測ブログ復活版!かわかつワールド 
●総合ブログ かわかつの眼 
         http://blogs.yahoo.co.jp/hgnicolboy
●BBS     http://8912.teacup.com/kawakatu/bbs
●全訳古事記  http://orange.ap.teacup.com/tasogaresakaba/
●アルバム   http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/fotalbum.html
●ビデオ・クリップ http://zoome.jp/hgnicolssutu/movie_list/