森浩一は愛知県に非常に多い「豊」のつく地名についてこう書いている。

「(御津町がある宝飯郡は)二字で表記されるまでは「穂」の一字であらわし、伝承上の豪族に三河の穂別(ほわけ)もいた。三河国となる以前は東三河が穂、矢作川流域の西三河が御川で、三河国は二つの地域からできていたようである。
 穂の国は実りの豊かさを意味するけれども、この地域には今も豊川、豊田、豊橋など豊をつけていて、奈良時代の平城宮の木簡にも「宝飯郡豊川郷」の墨書があって豊川は古くからの地名であったことがわかる。」(『日本の深層文化』)

愛知と言えばトヨタであるが、その本社があるのも豊田とやはり豊が付いている。
豊は本当に実り豊かな意味だったのだろうか?

豊と言えば、筆者の故郷、また森浩一の父母の出身地も、豊後であるが、ここには東西二つの海部郡(あまべ・ぐん)があった。市政制度が変わって、今はもうない。豊と海部の同時存在が愛知県も同様にある。尾張にはやはり海部郡(あま・ぐん)がある。尾張海部は「あま」と読ませて「べ」がつかないが、どちらも海人族=あまたちがいた土地である。それは古代の雄族・尾張氏が船の民の管理者だったからだと思われる。尾張氏は熊野灘でも登場する高倉下(たかくらじ)命を祖人とする。そして日本海側でも京都若狭湾の籠神社祭祀者も海部氏であり、新潟県弥彦神社でも海部尾張氏が関わる。少なくとも尾張氏と海部氏は同族関係にあった。

海人族は必ずしも海や海岸だけにいたわけではなかった。川を遡上して人跡未踏の山奥へも入っていった。川漁師になっただけでなく、実は山の森林管理も行う杣や番匠となったのである。それは船の木材の必要性からと、もうひとつ船に使う船釘に使う鉄資源を探すためである。

ということは海部氏も尾張氏も鉄と船を管理していたことになる。

尾張氏は継体大王を担ぎ上げた名族でもあるし、海部氏は天武天皇の親衛隊である。そしてこれによく似ているのが多氏である。多氏からは阿蘇大祝、諏訪風祝が出るとされている。天武と持統に関わる影の氏族の三つまでもが登場した。「豊」には実りよりもなにか違う匂いがつきまとう。

九州の磐井という筑紫国造と大分君、火君、さらには阿蘇君までもが多氏出身を名乗って同族化している。それが継体大王にさからったり、天武天皇に助力したりすると書かれるが、天武天皇の騎馬隊だった多品冶(おおの・ほむじ)が棲んでいたのが美濃である。馬牧で馬を養いながら待機し、有事には出張ってくる。つまり天武の自衛隊のような存在の武人集団。ところがこの息子は『古事記』の太安万侶である。正反対の文人である。

豊と尾張氏、海部氏、多氏の謎の関係はいまだにだれも解明できていない。多氏が記録にほとんど出てこないために文献からはお手上げなのである。しかし三河の宝飯郡の「飯」のつく地名に多氏がいたことは確かである。まして豊、宝、飯はよい文字でもある。よい文字をあてる地域で、しかも岐阜の味蜂間(あはちま)郡から尾張海部郡までに広がる平地は湿地帯で、褐鉄鉱・高師小僧(たかしこぞう=葦の茎にまとわりつく輪状の酸化鉄)の産地でもある。



面白いと思ったらクリックよろしく!↓
If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログへ(文字をクリック)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ(文字をクリック)
With2ブログランキング歴史へ https://blog.with2.net/in.php?686171
ブログ王歴史へhttp://www.doramix.com/rank/vote.php?id=46384/ランキングはこちらをクリック!



ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kawakatu他のサイトへのリンク
●Kawakatu’sHP マジカルミステリーコレクション渡来と海人
●Kawakatu’s世界史・日本史同時代年表 
  http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/doujidainenpyou.html
●推理推測ブログ復活版!かわかつワールド 
●総合ブログ かわかつの眼 
         http://blogs.yahoo.co.jp/hgnicolboy
●BBS     http://8912.teacup.com/kawakatu/bbs
●全訳古事記  http://orange.ap.teacup.com/tasogaresakaba/
●アルバム   http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/fotalbum.html
●ビデオ・クリップ http://zoome.jp/hgnicolssutu/movie_list/