呰見(あざみ)大塚古墳から西北へすこしゆくと、豊前では綾塚・橘塚方墳のある勝山黒田地区にぶつかる。黒田の隣に箕田(みだ)地区があって、なんということもない農村だが、立派な前方後円墳が二基もある。ひとつは扇神社古墳、いまひとつが箕田丸山古墳である。

綾塚や橘塚、あるいは彦徳甲塚などの方墳ばかりが豊前ではとりざたされるが、前方後円墳はそれらよりも古い形式で、規模がずいぶん大きい。その箕田丸山古墳から、呰見大塚と同系統の素環頭太刀が出ている。どちらも鳳を柄の環頭部に持つ珍しい様式の太刀である。


1f46dd58.jpg


b04e8f21.jpg




178193d5.jpg


箕田丸山古墳前方部石室。ここはドーム型の非常に天井が高い様式である。

この時代を異にする二つの古墳の被葬者が、奇しくも同じような副葬品を持つ。おそらく二本の剣の贈り主は同じ文化圏の、それもおそらく大陸の国家だったのではないか?それがもちろんヤマト経由でここの被葬者に下賜された可能性もある。
装飾を持つ氏族が、限りなく海人族に近いと考えれば、それは中国製か百済製の可能性がある。例えば鳳は百済武寧王もよく使った。



今回も、現説では一切「渡来系」「秦氏」という言葉は出てこなかった。もちろん時代もあるだろうが、なにしろ勝山、香春というメッカを控える土地柄である。

須恵器も、ここのものがヤマトが河内のスエムラ製品を下賜した可能性も捨てがたいが、地方考古学なのだから、もうすこしオリジナルな着想もあってよかろう。

なにも研究者までヤマトにへいこらしなくてもよいと思うのだが。

ついでに稲童の石並古墳にも回っておいた。豊津は知り合いがいるので、その大金持ちの病院経営者にも会ってきた。豊津歴史資料館のすぐそばで、ちょうど八景山古墳群も目と鼻の先だった。隼人の剣が出た竹並古墳群のごく近くなのだ。

面白いと思ったらクリックよろしく!↓

If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
재미있다고 생각하면 클릭 잘! ↓
刚想==有趣单击适当地!↓
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。