記事に採用した参考文献

■民俗学・神話学・人類学・宗教史
須藤 功   『神と舞う俳優たち 伝承芸能の民族』 青弓社写真叢書 2000
磯川全次編 『先住民と差別』喜田貞吉歴史民俗学傑作選 河出書房新社 2008
神崎宣武   『まつり」の食文化』 角川選書382 2005
舟田詠子   『誰も知らないクリスマス』 朝日新聞社 1999
川那部浩哉  『魚々食紀 古来、日本人は魚をどう食べてきたか』 平凡社 2000
中西 進   『古代往還 文化の普遍に出会う』 中公新書 2008
谷川健一   『賤民の異神と芸能 山人・浮浪人・非人』 河出書房新社 2009
山上伊豆母  『日本の母神信仰』 大和書房 1998
諏訪春雄   遊学叢書『巨木と鳥竿』 勉誠出版 2001
山北 篤   『図解 火の神と精霊』 新紀元社 2008
小山修三・石毛直道 『世界の食文化7 オーストラリア・ニュージーランド』 農山漁村文化協会 2004
金関丈夫 新装版『日本民族の起源』 法政大学出版局  2009
播磨学研究所編 『播磨の民俗探訪』 神戸新聞総合出版センター 2005
中村禎里『狐の日本史 上・下』 ぺりかん社 2001
沖浦和光 『陰陽師の原像 民衆文化の辺界を歩く』 岩波書店 2004

■文献史学 考古・考古理化学
広瀬 和雄・国立歴史民俗博物館編 歴博フォーラム『弥生時代はどう変わるか 炭素14年代と新しい古代像』 学生社 2007
磯前順一 『記紀神話と考古学 歴史的始原へのノスタルジア』 角川叢書 2009
武光 誠 『蘇我氏の古代史 謎の一族はなぜ滅びたのか』 平凡社新書 2008
上田正明 『新修 日本の神話を考える』 小学館 2003
熊谷公男 学術文庫190 『日本の歴史 大王から天皇へ』 講談社 2000
寺沢 薫  学術文庫『日本の歴史02 王権誕生』 講談社 2008
門脇禎二 学術文庫1580 『古代出雲』 講談社 2003
前田晴人 歴史文化ライブラリー219 『古代出雲』 吉川弘文館 2006
水野 俊平 (著) 李 景 (原著)  『韓国の歴史』 河出書房新社 2007
権 仁燮:著, 朴 鐘鳴:監 『朝鮮と日本の関係史 善隣と友好の歴史』 明石書店 2000
森浩一・門脇禎二編 春日井シンポジウム4『渡来人 尾張・美濃と渡来文化』 大巧社 1997
森浩一・門脇禎二編 春日井シンポジウム2『ヤマトタケル 尾張・美濃と英雄伝説』 大巧社 1995
森浩一・門脇禎二編 春日井シンポジウム11『地域学から歴史を読む』 大巧社 2004
森浩一・上田正明編  枚方歴史フォーラム『継体大王と渡来人』 大巧社 1998
森浩一編 『三世紀の考古学 上 三世紀の自然と人間』 学生社 1980
森浩一 『エコール・ド・ロイヤル 古代日本を考える 大王陵と古代豪族の謎』 学生社 1992
森浩一 『海から知る考古学入門 古代人との対話』 角川書店 2004
森浩一 『京都学ことはじめ 森浩一12のお勉強』 新宿書房 2004
出羽弘明 『新羅の神々と古代日本 新羅神社の語る世界』 同成社 2004
森 公章 『東アジアの動乱と倭国 戦争の日本史1』 吉川弘文館 2006
大橋信也 『継体天皇と即位の謎』 吉川弘文館 2007
西本豊弘 『人と動物の日本史』 吉川弘文館 2008
門脇 禎二 ・ 葛原 克人 ・ 狩野 久編  『吉備 古代を考える』 吉川弘文館 2005
松原弘宣 同成社古代選書『古代瀬戸内の地域社会』 同成社 2008

藤井 学・竹林 栄一・前田 昌義 ・狩野 久・倉地 克直 県史33 『岡山県の歴史』 山川出版 2000
岡田英弘 『日本人のための歴史学 こうして世界史は創られた!』 ワック 2007
西谷 正 『魏志倭人伝の考古学 邪馬台国への道』 学生社 2009
小林達雄 『縄文の思考』 ちくま新書 2008
椙山 林繼 ・ 山岸 良二 編 『方形周溝墓の今 宇津木向原遺跡発掘40周年記念シンポジウム記録集』 雄山閣 2005 
秋山浩三 シリーズ遺跡を学ぶ『弥生実年代と都市論のゆくえ・池上曽根遺跡』 新泉社 2006 
村上 隆 『金銀銅の日本史』 岩波新書 2007
木下 忠 新装版考古学選書『埋甕 古代の出産習俗』 雄山閣 2005
福田敏一 『考古学という現代史 戦後考古学のエポック』 雄山閣 2007
辻 秀人  シリーズ遺跡を学ぶ『東北古墳研究の原点 会津大塚山古墳』 新泉社 2006
小田静男 南島文化叢書21『黒潮圏の考古学』 第一書房 2000
篠田健一 『日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造』 NHK 2007
スティーブン・オッペンハイマーStephen Oppenheimer. Nonfiction/Etc. 仲村明子訳『人類の足跡十万年全史』Out of Eden. 草思社 2007

■その他
関 裕二 『古代遺跡をめぐる18の旅』 講談社+α新書 2006
『別冊太陽136 古代九州 日本のこころ』 平凡社 2005
大和岩雄 新版『『古事記』成立考』 大和書房 2009
クラウス・ドナ, ラインハルト・ハベック Klaus Dona , Reinhard Habeck, プシナ岩島史枝訳 『オーパーツ大全』学研 2005


面白いと思ったらクリックよろしく!↓

If you feel this article if interesting, please make a ranking click. I ask!
재미있다고 생각하면 클릭 잘! ↓
刚想==有趣单击适当地!↓
↓       ↓          ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
ご注意:すべての記事に「ヤフーブログ専用の見えないIP読み込みタグ」がついています。