岸本直文による三角縁神獣鏡編年の一案
 
 
351c5298.jpg

北條芳隆・一瀬和夫・福永伸哉編『古墳時代の考古学4 副葬品の型式と編年』2011より 1金属製品の型式学的研究 岸本直史「②三角縁神獣鏡と前期古墳」より編集
 
 
 
 
 
岸本によれば三角縁神獣鏡のデザインは、これまで言われてきたような画像鏡的要素も多々あるものの、画文帯神獣鏡諸形式を改変したものが主流であると言う。岸本や福永の編年はあくまでも一案ではあるが、これまで大阪府の安満宮山古墳の五面の鏡のうち、青龍鏡から類推して、「三角縁神獣鏡を魏鏡(中国製)とし、卑弥呼の遣使時に、一括して、同時に製作され、下賜されたとする説にとって「有力証拠の一つ」であると言う(岸本直文「卑弥呼の鏡の可能性強まる」『京都新聞』8月8日付)。しかし、それが最終判断として正解かは、筆者は否定も肯定もしない。そもそも考古学がそういう断定をするべき学問だとは考えていない。
 
 
 
いずれにせよ三角縁神獣鏡にはさまざまな絵柄やデザインがあることは、すでにここにも書いたことであり、ではそれを時代を追って編年した資料を筆者が常々探していたことは事実である。たまたまそのひとつに当たったので、利用させていただこう。
 
 
 
三角縁神獣鏡の意匠のうち、邪馬台国の位置問題にとって最も重要なのは、卑弥呼が生きて、そして墓に入れられるまでの3世紀に該当する絵柄がある銅鏡であることは言うまでもない。つまりその絵柄で最古期に当たる3世紀中ごろ、できれば卑弥呼の死直後のものこそが「卑弥呼の鏡」ではないかと類推するのはあながち間違いではないだろう。
 
 
するとその時期の絵柄とは、上の図にもあるが、最古期・古段階にまたがって採用されている「傘(笠)松文」ということになるだろう。以前、笠松文とは吉備の象徴ではないかとか、卑弥呼が魏から檄としてもらった黄幢(こうどう)というものの形ではないかと書いたことがある。
 
 
 
 

▲朝鮮・安岳3号墳主壁画
奥野正男『考古学から見た邪馬台国の東遷』
(毎日新聞社1982年)より引用
 
黄幢の形状は三段式のキヌガサ状のものが朝鮮の壁画にも描かれており、日本の装飾古墳や船形埴輪などのキヌガサの原型のひとつになるかとも見える。
 
「笠松」という命名は、このさい、あまりふさわしくなくなったようにも思え、どうもやはりこれは黄幢であろう。
 

 
 
岸本の別の作図にある笠松文の立体画像でも、その形状はどうみても旗物のようになっている。
 
 
 

 
 
 
 
さて、その今は笠松模様とされている絵柄のある最も古い様式の鏡が出た場所の一覧である。これは筆者が拾い上げたもので、完全かどうかはわからない。
 
 
「笠松文」のある三角縁神獣鏡出土地一覧
●福岡県
香住ケ丘古墳(福岡市東区) 4後半・円墳   獣帯二神二獣鏡 
御陵(韓人池)古墳(大野城市)4後半~5前 三角縁四神四獣鏡 
原口古墳 (筑紫市武蔵)4前半?・円墳  三角縁三神三3獣鏡2(椿井・赤塚と同氾 )
●京都府
椿井大塚山古墳 3後半・纏向型 獣帯二神二獣鏡
●奈良県
黒塚古墳 8号鏡(直径22.3cm)三角縁神人竜虎鏡
鏡作坐天照御魂神社(田原本町)所蔵 唐草文帯三神二獣鏡
●大阪府
国分神社(大阪府)蔵 徐州・洛陽鏡
●山口県
宮ノ州古墳 4後半 半円方形帯同向式神獣鏡
●静岡県
 上平川大塚古墳 4後半 獣帯同向式神獣鏡
●愛知県
 東之宮古墳  3後半~4前半   唐草文帯三神二獣鏡 
●静岡県
新豊院山2号墳   4後半?・纏向型 銘帯四神四獣鏡 
●岡山県
伝・鶴山丸山古墳 4後半・円墳  唐草文帯二神二獣鏡
●大分県
赤塚古墳   4後半・柄鏡型 唐草文帯二神二獣鏡
●福井県
花野谷古墳  4前半 天王・日 月獣文帯四神四獣鏡
 
1 笠松文のある鏡が出た古墳は、遡っても3世紀後半を遡らない。
2 つまり卑弥呼の死よりもあとに築造された古墳である。
 
f4f2e798.jpg

赤塚古墳出土鏡の笠松文
 
 
 
5ef9dd45.jpg

鏡作神社ご神体の鏡の笠松文
 
 
 
 
もしこの笠松文が黄幢で、それが三角縁神獣鏡の最古の絵柄であるならば、想定できるのは、卑弥呼がもらった黄幢のデザインが、ある意味、ほかの神仙思想の絵柄の神獣たち同様に、鏡に採用されたものを邪馬台国の女王が欲した「好物」だったのかも・・・と考えてみるのもなかなか刺激的である。
 
 
笠松がブームとなって、卑弥呼死後もしばらく愛用されたとも考えうる。もちろんそれが魏からもらった鏡だとはまだ言うわけにはいかない。三角縁神獣鏡そのものの最古の時代が、3世紀後半を遡らないのだからだ。もしそう断定したければ、3世紀半ば築造という箸墓や纏向石塚などの前方後円墳型の墳丘墓から出てこなければなるまい。そういう意味で纏向の黒塚古墳で1989年ころ再確認された8号鏡は重要である。黒塚の石室石槨外側のスポットには、あのU字型のパイプが置かれており、それはもしや組み合わせればちょうど黄幢になるかも知れない遺物だからだ。これもすでにだいぶん前にここに書いた。
 
しかしU字型鉄製品の判別結果がどうなっているのか、筆者はまったく知らない。
 
 
 では本場の中国には笠松文のある銅鏡はあるだろうか?
最近、中国でも三角縁神獣鏡が見つかったという説が多々出てきている。
しかし今の中国の情報はなかなかにわかには信じがたいという人も多い。
 

大阪の国分神社に徐州・洛陽鏡があるが、あくまでもそれは伝承なので、本当に中国のものかはわからない。ご神体では鉛同位体分析も無理かも知れないが。
 
 

一番下が笠松文のある中国鏡??
 
 
松木武彦の言うように、近畿の弥生時代が、縄文のヘテラルキー社会で、ケルトの海洋民たちと同じように移動を主とする狩猟民族であったならば、弥生近畿人のダイナミックな行動力が、中国と直接の考証していた結果で、縄文的な邪馬台国世界に早くから持ち込まれていたなんてこともありはしないかと妄想してしまうが。。。(ブリトンのケルトを今模索しているが、茫洋として広すぎ手がかりが見つからないまま。それにケルトは遡っても縄文ほど古くないのだ。せいぜい紀元前3000年を起原とするようである。)

 
 
 
笠松文が吉備の古墳から出たのは4世紀後半の古墳からで、これまで楯築などの弥生時代末期~古墳時代初期の墓から出てこないのは、邪馬台国吉備説にとっては大きな欠落である。吉備の墳丘墓からは弧帯文や特殊器台や東海系出雲系土器は十二分に出ていても、鏡がほとんど見つかっていないのである。
 
 
 
三角縁神獣鏡の笠松文のある形式の鏡が、果たして卑弥呼とまったく同時代の鏡かどうかは、今のところ不明のままで、どうもやはり「どうしても箸墓」を暴かねば解決しそうにない。ひとえに宮内庁の好意を待つしかない。
 
 
いずれにせよ、黒塚古墳の被葬者がいよいよ邪馬台国にとって重要な墓になったことは間違いないだろう。この被葬者の頭部に立ててあった鏡は、まさに三角縁のモデルだと岸本が言う、画文帯神獣鏡なのである。そしてあの椿井大塚山古墳でもこの鏡が頭部にたった一枚置かれていた。あとの神獣鏡は十把ひとからげ状態だったことは黒塚と同じである。
 
 
 
10adfa27.jpg

 
 
つまり・・・3世紀後半~4世紀前半の最重要だった鏡は画文帯であり、三角縁は当初、その絵柄をちりばめた中に、笠松も描かれた鏡だということである。
 
 
 
笠松文のある神獣鏡を、魏がわざわざ卑弥呼のために作った、あるいは呉工人に作らせたという説が最近復活している。しかし、それならばその鋳型が華北や朝鮮半島から、いやそれが無理でも国内の近畿で出てくるべきである。楽浪でもいい。このようにこの説にはまだ欠けている証拠がある。箸墓と鋳型である。
 
 
考古学の発掘は探せばすぐ見つかるものではない。夢は夢。長い時間と人の地道な苦労とそして偶然が、奇跡を起こしてきた。できるなら、笠松鏡や金印や封蝋や女性遺体が、箸墓から一緒に出てきたら、話はどんなに簡単だろう。けれど箸墓は目の前にどんとあるのに、掘れない。こんなジレンマがほかにあるだろうか。
 
 
時間だけがそれを解決する。考古学の奮闘を待つしかない。ぼくたちが死ぬまでにそれはなしえないのだろう。残念だが、歴史は悠久の積み重ね。人びとの願いは連環した願いをつなぐ卑弥呼の首飾りのように永遠のいのちをつないである。
 
 
待つしかない。
 
 
 
箸墓が掘れたらいいねえ、自分の手で!!

Kawakatu’s HP 渡来と海人http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/
かわかつワールド!なんでも拾い上げ雑記帳
 
http://blogs.yahoo.co.jp/hgnicolboy/MYBLOG/yblog.html
画像が送れる掲示板http://8912.teacup.com/kawakatu/bbs/
Kawakatu日本史世界史同時代年表http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/nennpyou.html
公開ファイルhttp://yahoo.jp/box/6aSHnc
装飾古墳画像コレクションhttp://yahoo.jp/box/DfCQJ3
ビデオクリップhttp://www.youtube.com/my_videos?o=U