先日来、天皇諡号の豊のつくものを分析、分類しているわけだが、はたと気がついたことがあった。

それは飛鳥時代の豊諡号を持つ天皇は、蘇我氏三代(稲目も含めると四代である)の時代に三人あり、間に蘇我氏と外戚親縁関係がない皇極・孝徳・斉明を挟んで、今度は時代を下がった持統子孫の時代に復活するのであるが、皇極天皇はまさに蘇我入鹿が一巳の変(いっしのへん)で惨殺されたときの天皇であるし、孝徳は、そのあとをついで、斉明~天智の間に難波の宮で失脚してしまった天皇。二人はくしくも兄弟である。

以前、孝徳こそが大化の改新の首謀者、と書いた。
その理由は、蘇我氏滅亡で最も得をしたのは中大兄でも鎌足でもなく、つけるはずがなかった天皇になれ、蘇我氏血脈という中心的親王主流の時代にはないはずだった皇極~斉明の三代天皇の時代を造れた張本人であるからだとした。さらに天武の子孫たち、古人大兄らの蘇我系有力者たちまでも殺したのが孝徳だとしたのである。

ここにきて、実は皇極(斉明)にも、その野望はあった可能性があると気がついた。紅玉は、目の前で入鹿を殺されたとき、「なにごとか!どういうことなのか?」と中大兄らに問いただしたと『日本書紀』は言うけれど、それは確かに仰天したできごとであったとしても、皇極の時代にはたいして大きな事績もなく、むしろ失意の天皇を演じており、孝徳をはさんで重祚すると、いきなり新羅征伐を言い始め、九州朝倉にまで出兵する、非常に男勝りの、勇猛果敢な指導者に変身している。ここが怪しい。

彼女のこの征服欲のにわかな現れは、蘇我氏を滅ぼした当初には猫をかぶっていた欲望、天皇への執着心が、顔を出したものといわざるを得ない。すなわち、彼女には、無縁である蘇我氏の存在を煙たがっていた内心があった。

孝徳は、即位するといきなり遷都して、海岸部の難波に都を造営。対外的貿易に野心を見せ始めるが、そのノウハウは蘇我氏そのままの真似でしかない。ゆえに中大兄らは飛鳥にとってかえし、勝手に都を復活させてしまった。さすがに皇極もこれについてきているから、兄弟を見限ったのだろう。

一方、にもかかわらず中大兄はなぜか自分で即位しない。実は彼の妻は蘇我氏の娘である。

強い嫁の持つ影響力を言うと、遡れば蘇我馬子の妻は、やはり滅ぼした敵方の長女であり、のちの藤原不比等の妻がこれまた、滅ぼした蘇我氏の娘だったという不思議なえにしがある。そして天智の嫁が蘇我氏で、その娘が持統である。さらに元明がその孫になって、ここはまさに母方蘇我の天皇時代になっているのである。

つまり豊のつく天皇とは、皇極・孝徳以外は全部、母方が蘇我氏の人ばかりなのだ。

これはどういうことなのか?
天智が本当に蘇我氏を滅ぼしたのならば、それはまるで蘇我氏の祟り封じのようなことになりそうだが、持統以下が即位するころには、すでに天智は死んでおり、即位に関与してはいないのだ。しかも天武も死んでいる。


もしや元明・文武・聖武の母方蘇我氏で豊のつく天皇の即位は、天智の妻だった蘇我遠智娘の意志であるかのようだ。

もしそうなら飛鳥時代の印象はがらっとかわってしまう。

持統即位の背後にいたのは藤原不比等で、藤原氏は蘇我氏を滅ぼしたかったという常識が変わりかねないこともありうる。


その不比等の嫁がまた、蘇我氏(石川家)である。

蘇我 娼子(そがのしょうし/そがのまさこ、生没年未詳)は飛鳥時代後期の蘇我氏の女性。「娼子」という名前は『尊卑分脈』に依る物で、『公卿補任』では蘇我 媼子(そがのおんし/そがのおうなこ)と書かれている。


ついでだが、山背大兄と上宮一家を滅ぼしたのも、入鹿ではなく皇極・孝徳だったのではあるまいか?