京都には学生時代から何年も住んだ。
卒業後、大阪府の枚方市から八幡市へ移って、10年は大阪で働いたが、その後はずっと京都で働いた。八幡市の木津川沿いに会社があって、向島と桂の支店を管理させていただき、さらに丹後の宮津と西舞鶴、峰山町、兵庫の高砂、岡山にも支店ができて、行動範囲は広がった。

八幡市から桂へは、淀川にかかる御幸橋を渡って旧京阪国道京都~守口線を利用した。向島へは木津川の背割り堤から東一口(いもあらい)という豊臣時代往古の巨椋池コースを使った。

bf9fde30.jpg



八幡から桂のコースは、御幸橋を淀競馬場の手前で橋を渡り、長岡京、向日市を抜け、久我(こが)、鶏冠井(かいで)町から羽束師(はつかし)という道順。今考えてみると、秦氏、鴨氏、土師氏などの、山城ゆかりの氏族が住まう地域を通っていたわけである。





桂離宮のすぐ北は、もう葛野、松尾である。そのまま土手を北上すればいわゆる渡月橋に至る。

44aa9018.jpg


81c478d1.jpg



鶏冠井町楓畑の場所
今も楓畑、井戸の地名が残る。

鶏冠井は「かいで」と読むが、もともと「かえで」である。「かえるで」。長岡京の大内裏はここにあった。中国の宮城周囲にはカエデ・・・とは言っても中国では三つ葉の楓の木(ふうのき)であるが、それをぐるっと植える風習があって、長岡京も平安京も、まず楓を植えた逸話がある。平安京は嵯峨野に聖徳太子が楓を植えたので、「楓野」。そこに楓の甘い樹液を求めるミツバチやスズメバチが集まるので蜂岡と呼ばれた。つまり今の広隆寺の北側が今でも蜂岡町となっておる。長岡京の場合も、この「かいで町」にゆかりの楓園が作られている。地名表記が鶏冠(とさか)なのは、鶏のトサカを楓の葉っぱに見立てたもので、井は、ここに今も二箇所の井戸があるからである。その井戸の水を管理したのが鴨氏鴨脚(いちょう)家なのであった。鴨脚は鴨の足の黄色いミズカキをイチョウの葉に見立てた隠語である。



羽束師(はつかし)は「はぢーかし」で、土師氏の河岸が地名になっていて、京都では最初の河の合流地である。ここで南下してくる鴨川と桂川が合流するので、いいはにつちが生まれる。「はじ」はつまり土師器の「はじ」でもあり、土器を作るよい土は、この鳥羽伏見一帯でうまれて、土師氏らの女子によって土器になり、平安時代になっても伏見の深草でそれが売られた。その商店街が今の直違橋(すじかいばし)本町商店街である。だから「深草」は土器を売る女のスラングであった。


同じように土師部の女というと大原野~西ノ京の花売りである。「花いらんかえー」は、しかしまた「花を売る」=ヨタカ、売春の隠語でもあった。西の大原野も、修学院がある北の大原も、春をひさぐ女がいたのだろう。もっとも北の大原女は、おたぎの薪をひさぐもので有名になったが。頭に「しば」を乗せて売り歩いた。大原野は花の京とも呼ばれ、花農家が多かったようだ。ただし、大原野~老の坂は大枝土師氏管理者が住まう墓所で著名である。高野新笠とその父の古墳もここにある。

高野新笠の父は大和に入った百済王族で倭(やまと)氏である。そのむすめがなぜか土師氏にとついで新笠が生まれ、これまたなぜか光仁天皇にとついで桓武天皇を生むこととなる。光仁さんは天智の子孫なので、天武時代には時代の流れから離された血筋だったので、嫁も渡来人の子孫しかもらえずにいた。だから酒に浸り、自暴自虐の人生だったのが、藤原不比等と持統女帝以後の、天武子孫暗殺の渦の中で、「おれが?」的な突然の天皇即位を経て、桓武と言う息長亜流の天皇即位によって、自分では意識しないうちに南都平城京の政治的悶着から山城遷都という、聖武がやりたくてもできなかった「革命児」の親になってしまう。その背後に、山城に逃れた渡来氏族らの地方開発が大きく関与した。長岡京も、 恭仁京も、平安京も、すべて秦氏や鴨氏や百済王氏などという、飛鳥・奈良では上位になれない渡来氏族が開発して土地であった。

改革、革命は、このように新興勢力による旧勢力の「乗っ取り」がなければなしえないものということになろうか。今の小池都政なんぞはそのいい例証で、歴史はあきらかに繰り返す。だから古代史、日本史は学んでおいて損はない。


久我は「こが」と読んで、女優・久我美子はこの公家一家の子孫である。久我神社には鴨氏が大いに関わる。北の出雲郷にカモ神社があるのと同様、久我も河川の合流地で、鴨氏が大和葛城から 恭仁加茂町を経て、ここに入り、最終的に平安京遷都とともに鴨川と高野川の合流する河合の地に定着したというのは、カモ一族のひとつの移住コースだったろう。ただし、河合のさらに北に上賀茂があることは、鴨氏に二種の種族があったとも考えうる。

いずれにせよ河川の合流地は「ふたまたの神」の聖地である。それはそもそもは子孫の繁栄を意味する土地だ。子供は女性のまたぐらから生まれるからである。

46a33c3e.jpg




8867c591.jpg




上賀茂の鴨氏が先住出雲族の管理者だったとするならば、大和の葛城鴨がイズモの八重事代主を祭ることと矛盾しない。しかし下鴨の鴨氏には、秦氏との婚姻がまとわるし、松尾秦氏と深く関わるし、また松尾には宗像の女神と、日枝の和邇氏(小野・粟田氏)の祭る大山咋神の二神が祭られ、秦氏が水を牛耳った治水氏族だということとも矛盾がない。つまり上下鴨氏は「水」を司るという意味で共通で、それはイズモでスサノヲが斐伊川を牛耳ったこととも矛盾しない。だから京都における鴨氏祖神の話よりも、葛城におけるアジスキタカヒコネや宗像タケミナカタや事代主などの出雲葛城族で彼らを考えたほうが、話は見えやすくなる。だから鴨氏も葛城氏同様に、伽耶に関わる豪族だったと筆者は考えている。

そうすると京都で、あるいは葛城で、秦氏と鴨氏が婚姻するのは必然的なのであり、「かつら」「かどの」「かづらき」といった「葛」地名の共通性は理解しやすい。


この桂地域に物集(もずめ)があり、もとは物集女地名で百舌鳥地名。それが百舌鳥土師氏、紀氏、壱岐氏を見事につなぐ。いわゆる物集女古墳群で出てくる土器の模様に、和歌山紀の川河口部で出る様式(淡輪技法http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/52400515.html?__ysp=5reh6Lyq5oqA5rOVIOWcn%2BWZqA%3D%3D )が反映されている理由が、紀ノ川の淡輪(たんのわ)古墳群の紀氏に求められるのである。紀氏と土師氏は紀ノ川ですでにえにしがあり、土師氏は土器を焼き、埴輪を作り、古墳を造営する、出雲から来た氏族だった。淡輪のすぐ北が河内王権の中心地となった百舌鳥古墳群である。この泉州の地名も当然、土師氏の百舌鳥・古市古墳群の造営があったからだ。


そしてその紀ノ川の北部の泉州こそは須恵器集団だっ大三輪氏=神氏の入った土地だった。それが大和の三輪山祭祀をするわけで、松尾の秦氏が言う玉依姫は実は三輪の姫であり、それが三輪山の大物主と婚姻する丹塗矢伝説の河とは、つまり京都の鳥羽の二股の土地である羽束師でもよいわけである。もちろん河合でもよいのだ。

37697b94.jpg




こうして桂から丹波街道を使って筆者は丹後へ走る日々を数年過ごすことになった。9号線、丹後自動車道で、天橋立、大江山、加悦町、与謝を往復し、丹後から高砂、岡山へもよく飛んだ。それが古代史の重要な道であることに、ずっとあとになって気がついたのであった。




次回、向島と観月橋、徳川大名屋敷と桃山大手筋。





参考文献・画像資料 糸井通浩・網本逸雄編『地名が語る京都の歴史』東京堂出版 2016
渡辺晃宏『平城京と木簡の世紀』
中村修也『秦氏とカモ氏』
吉川真司『聖武天皇と仏都平城京』など